老前整理のナッジ11


【モチベーションを上げる】



 
自分にごほうび

 片づけや整理は、多くの人にとっては楽しくないことです。まだ着られるのにと思いつつ

古い洋服を処分したり、読み返さないことはわかっていても愛着のある本を古書店へ持って

行ったり。

「もったいない」「まだ使える」という気持ちを切り替えて決断することは胸が痛み、た

め息が出ることも多いでしょう。

 だから心身ともに疲れます。

 しかも、誰もほめてはくれない。いや、片づけていることすら気づかないこともあるでし

ょう。

 逆に、気づいて「もったいないから捨てるな」とストップをかける家族もいるかもしれま

せん。

 この場合のポイントは、家族のものには手を出さず、自分のものを片づけることです。



 夫婦や親子でこれからの暮らしを相談しながら片づけや整理ができるのが一番ですが、な

かなかそうはいかない場合もあるでしょう。

 片づけなくても、今、普通に生活ができて大きな問題がないのだからいいじゃないかとい

う家族に背を向けて、「今しなければ」とひとりで頑張ろうとする人は孤独です。



 そこで自分にごほうびはいかがでしょう。

 予定を立て、三段階くらいに分けてみてください。

 たとえば洋服が片づいたら友人とホテルでランチ、押入れが片付いたら好きな歌手のコン

サート、そして最後の場所が片付いたらのんびり温泉1泊旅行なんてどうですか。

 最近人をほめること、ほめられることが少なくなっていませんか。気づいてくれる家族が

いないなら、自分で自分をほめてもいいのではないですか。

「がんばったね」と自分に声をかけてください。「やらなくては」と力まずに、少しずつ無

理をせず、自分との対話をしながら、頑張った自分にごほうびなのです。

『転ばぬ先の老前整理』より                            



「くらしかる」(HP2) ご案内 


 


         









「くらしかる」(HP1) ご案内 




           HP1ヘ      
  




 
 ◆「老前整理」は(株)くらしかるの登録商標です。無断での商用利用はお断りします。