20 、サポーター殺人事件(2)

   個性豊かな受講者の自己紹介が進むが

   



「それで、どうなったの?」という皆の無言の声に、くら子も笑いながら


慶子に続きを促した。


「うるさい夫に、片付け方を習って仕事にすればお金になるし、一挙両得


だと言ったんです。すると夫はそれならすぐに行けと言うんですよ。あん


なにゲンキンな男とは思いもしませんでした。だからわたしは夫を見返し


てやるためにサポーターになって、バンバン稼いで、夫に仕事もせずに家


にいるなら家事をやれと言ってやりたいのです。だからがんばります。お


わり」


 大きな拍手に、慶子の頬は赤くなった。


くら子は自己紹介で、後に続く者のために付け加えた。


「誤解されないように申しておきますが、これは自己紹介であって告白大


会ではありませんので」


 もっともだとうなずく者、笑いをかみ殺す者もいた。


「個人的なことを何もかも話す必要はありません。かといって何を話すか


は皆さんの自由ですので、ご自分をアピールする場だと思ってください。


それからサポーターになってバンバン稼げるかどうかは保証できません。


これは皆さんの活動次第です。日々お互いに成長していけるように願って


おります」

 





 5番目は桑野光代だった。


「わたしはおひとりさまで、長年某住宅メーカーでインテリアコーディネ


ーターをしてきました。しかし経営が悪化し、社長が変わると組織も様変


わりして、いわゆる肩たたきというか仕事を回してもらえなくなり退職し


ました。フリーで仕事をしようかとも考えましたがこのご時世ですし、ア


ラ還のわたしにはもうそんなエネルギーは残っていないと思いました。職


安というと古いですね。ハローワークに通いながら、もう一度これからの


生き方を考えようと思った時に「基礎講座」のチラシがポストに入ってい


たので、冷やかしで参加してみる気になりました。はじめ自分はインテリ


アの専門家だから他の方々とは違うというプライドが邪魔をして打ち解


けられませんでした。何百件という家の収納のプランニングをしました


し、素人と一緒に今さら片付けを習う? などという気持ちもありまし


た」


会場は静まり返った。


「それに白状すると、たかが片付けじゃないですか。それなのにこんな講


座をして、どういう人間がしているのか見てやろうという、ひねくれた好


奇心が大きかったと思います。だからいつも一番後ろの席で腕を組んで、


そんな事言われなくても知ってるわよと、バカにして冷やかに見ていまし


た。


「基礎講座」でわかったのは、ものの片付け方の前に心の片付けをすると


いうか、頭の整理が必要なのだと思いました。次のワークショップでは、


専門的な知識より自分のことを見つめなおす機会なのだと気付き、また皆


さんが問題を抱えながらも前向きに進もうとしておられる姿勢に、わたし


も新しい仕事にもう一度挑戦してみたいと思いました」


光代は八重歯を見せて微笑んだ。


「これって、ミイラ取りがミイラになったということですかねえ」


光代の問いに数人がそうだそうだと答え、拍手と共に光代は一番前の席に


戻った。


6番目は司法書士の村上弘江だった。


「わたくしはもう20年ほどこの地域で司法書士をしております。最近は成


年後見の依頼が多く走り回っています。先日もうるさい訪問販売につきま


とわれているおばあちゃんと一緒に警察に行きました。業者がおばあちゃ


んにいやがらせをするんです。夜中に植木鉢を割ったり、そりゃあもう悪


質で」


 村上は早口で、高齢者の被害の話を喋り続ける。


K社のどの講座でも、講座のはじめに受講者は名札に名前を書く。この時、


各自が呼ばれたい名前を書くことになっている。ニックネームでも屋号で


も俳号でもよいが、呼ばれても自分だと気づかない名前はやめてもらうよ


うに呼びかけている。なんでも良いとはいえ、男性はほとんど姓を書き女


性は名前を書く。村上のように女性で姓を書くのは、長年仕事でそう呼ば


れ、プライベートと区別しているからだろう。それまでの勢いと違い、村


上の声が小さくなったのは自分の片付かない話を始めた時だった。


司法書士の受験仲間2人と事務所を立ち上げたが、銀行や不動産関係の法人


関係の仕事を中心とする2人と、個人を相手に仕事をしたいと思っていた村


上では次第に意見の食い違いが多くなった。


 3年後、2人と袂を分かち自宅のマンションで仕事をすることにした。こ


れは村上がバツ一で、一人暮らしだからできたことである。


独立と言えば聞こえは良いが、事務所を構えられないので仕事の書類がリ


ビング、ダイニングを占領するようになった。パートで事務の手伝いをし


てくれている女性がある日村上に、これでは書類を探すのに時間がかか


り、仕事ができません!と悲鳴を上げた。しかし業者に頼んで大事な書類


を人目にさらすわけにはいかない。プライドもある。


ということで自分で片付けるのはどうすればよいか悩み、インターネット


で「わくわく片づけ講座」を知り参加したのである。


 成年後見をしている高齢者が、多くのものを持っていることは承知して


いたが、ここで村上は成年後見のついでに、荷物のアドバイスもしてみよ


うと考えたのである。


 茶色のスーツに白いブラウスの村上が自己紹介を終えようとしたところ


へ、おずおずと手が挙がった。

 





「あの、セ‐ネンコーケンて、なんでしょうか」


質問したのは、佐伯弘憲だった。


席へ戻りかけていた村上がくら子に同意を得て、ホワイトボードの前に戻


った。


くわしく説明すると長くなりますので、簡単にしておきますと前置きし


て、村上はホワイトボードに「成年後見制度」と書いた。


「認知症などの判断力が不十分な方のために、不動産や預貯金の管理、ま


た身の回りの世話や、介護についての契約などを本人に代わって支援する


法的な制度です。新聞などにも最近はよく取り上げられております。詳し


いことはきちんとお調べいただいた方がよいかと思います」村上の説明


に、佐伯がありがとうございましたと軽く頭を下げた。


 7番目は仙波克枝だった。


「わたしは5年前に愛する夫を亡くしまして、悲しみのあまり遺品の整理が


できなかったもので、基礎講座とワークショップを受講しました。そこで


ようやく過去と決別し、夫が天国で安らかに眠っている、もうこの世には


いない、わたしの呼びかけに応えてくれないのだと納得できました。そこ


で夫のものは子どもたちも欲しがりませんので、何もかもすべて一切合財


処分しました」


 桑野光代が、それはまあ…と思わず手で口をふさいだ。


思い切りがいいと言えばいいが、そこまではやり過ぎではないかと内心考


えている者も少なくなかった。克枝はまるで喪服のような黒いスーツで、


首に一連の真珠をしている。葬式の帰りだといってもおかしくない格好だ


った。


「来月の15日が夫の祥月命日ですのでそれまでは喪に服し、その後は自分


の人生を生きようと思っています」


そこまでしなくても、とつぶやいた元動物探偵の陸奥慶子を克枝はキッと


にらんで、すぐに視線をそらせた。男性は喪服の女性に弱いというが、男


たちはおおむね克枝に同情的で、5年も夫の喪に服した貞女だと感心してい


たが女たちは冷めていた。5年も夫のことを想い、嘆き、悲しんでいた女


が、その夫のものを一度に何もかも処分するなんておかしい。そのうえ、


いくら愛し合った夫婦でも残された妻には日々の生活があるのだから、亡


くなった夫のことばかり考えてはいられないはずだ。どうもうさんくさ


い、怪しい、これが大方の女たちの見方だった。


まろみはくら子にそっとささやいた。あの、克枝さんを見たことがあるん


ですけど。


くら子は小声で、あとでと遮った。


 女たちの冷ややかな視線を感じたのか、克枝は続けた。


「5年も喪服を着ているのをおかしいと思っておられる方もあるようです


が。確かにご近所の方でもそうおっしゃる方もあります。でも…わたし」


 克枝は白いスワトーのハンカチで目がしらをおさえた。


 まろみの、時間ですの声と共にチリンが鳴ると、皆がほっとした。


男たちは女の涙に弱く、女たちは見え透いた芝居にうんざりしていた。


 克枝はハンカチを握りしめて首をかしげ、ため息をついた。


「時間になりましたが、これだけは言わせてもらいます。夫の喪に服すの


は妻として当たり前のことです。あのイギリスのヴィクトリア女王様は愛


するアルバート公が無くなってからご自分が亡くなるまで何十年も喪に服


しておられました。わたしはヴィクトリア女王様をお手本に生きてきたの


です。これでおわかりいただけたでしょう」


 ヴィクトリア女王様? それは誰? 今の英国はエリザベス女王だろ


う。いったい何の話? この人頭がおかしいのじゃないの。誰も克枝の話


を理解していなかった。


 克枝の話は19世紀のヴィクトリア時代後期のことで、この時代は社会規


範を重んじた、つまり建前の時代ともされ、死者を忘れない、あるいは忘


れないふりをすることが重要なこととされていた。克枝はヴィクトリア女


王のように胸を張って席に戻った。


隣の大山が、いやあごりっぱでしたよと声をかけた。


 まろみは我慢できずにくら子にささやいた。この前、カラオケボックスで


克枝さんを見かけたんです。真っ赤なワンピースで若い男の人と二人連れ


でした。


まろみちゃん、今はダメよとくら子はまろみの口に蓋をした。

 





 次は車いすの町田栄津だった。


「はじめに、わたしが車いすに乗っている理由をお話ししておきます。な


ぜかと言えば、皆さん悪意がなくても必ず、どうして? どこが悪いの? 

と聞かれますので、ここでお話ししておけば何回もお話しする手間が省け


ますので…」


 膝に手を置いて栄津はゆっくり話し始めた。


「こう見えても、娘時代はお転婆でオートバイに乗っておりましたが、事


故で下半身が動かなくなりました。とはいえ頭は人並みですし、腕力もあ


りますので皆さんが想像されるほど不自由な生活はしていないと思いま


す。今日も自分で車を運転してきました。これでわたしの車いすのことは


ご理解いただけたでしょうか」


 ほとんどが黙ってうなずいていた。


「高校を卒業して、母の勧めで看護師の学校に入学して3年間看護師をしま


したが、仕事はきついし病人や年寄り相手の仕事がいやになり辞めてモデ


ルになりました。といってもデパートのチラシや広告のモデルですけど、


ちやほやされて楽しかった。その後オーディションを受けて東京のモデル


クラブに移ることになり、地元の友達と離れるので最後のツーリングに出


かけて事故に遭いました。夢はこなごなにくだけて、また病院へ逆戻り。


それもベッドの上です。そして自分が患者になって、ようやく看護師の仕


事がどういうものかわかったけれど遅かった。その後何年も家に閉じこも


り、死ぬことばかり考えていました。


 ある日、以前勤めていた病院の婦長さんがみえて、今は有料老人ホーム


で働いているけれどあなたも来ないかと誘われました。看護師はできない


けれど相談員ならできるでしょって」


 栄津はうつむき加減の顔を上げた。


「はじめは、婦長がみじめな私をからかいに来たのかと思いました。退職


して何年もたっているのに、覚えていてくれる人がいるなんて信じられま


せんでした。婦長、いえ、元婦長と素直に接することができるまでに1年か


かりました。次の問題は福祉の知識です。看護師として医療の知識はあり


ましたが、福祉関係の知識はなかったので通信教育で勉強をして資格を取


って、ようやく今のホームで働けるようになりました。最後にこの講座を


受講した理由です。うちのホームでは入所するのに何年かお待ちいただか


ないといけないので、その間に荷物の整理をしてもらいたいと思ったから


です。単に、入所するのに荷物を減らして下さいと言っても難しいので、


私が未来の入所者に片付けのサポートをしたいと思って参加しました。よ


ろしくお願いします」


 大きな拍手が起こり、栄津は照れながらぺこりと頭を下げた。


 少人数の講座でもあるし、通路はゆったりしているので栄津はスムーズ


に席に戻った。


 次は佐伯弘憲だった。


ホワイトボードに大きく自分の名前を書いて一礼した。


「名前はさえき、ひろかねです。しかし子どもの頃からコーケン、コーケン


と呼ばれておりまして、今ではイチローと同じようにただのコーケンですの


で、そう呼んでいただきたいと思います。それで先ほどのように、セーネ


ンコーケンといわれますと、自分が青年かと思ってしまいまして」


 期待した笑いが起こらず、おやじギャクですみませんとコーケンは照れく


さそうに謝り、ひげの伸びかけた顎に手をやった。


「そのセーネンコーケンが新聞に良く出てるということでしたが、わたしは


新聞を読まないし、テレビも見ないもので、近頃のことはなにもわからな


い浦島太郎状態です。つまらない質問をしましてすみません」

 

 室内にこの男は何者だろうという空気が漂った。

 





 日に焼けた顔にぜい肉のないひきしまった体。かといってゴルフをして


いるようにも見えないし、農業か建築現場だろうか、それとも塀の中にい


たのかと皆が勝手な想像をしていた。


「なぜ浦島太郎かといえば竜宮城に行っていた訳ではないのですが、電波


の飛ばない山の中で炭焼きをしていたからです。息子が山の中で、両親は


街中に住んでという、普通とは逆のパターンでして。長い間、親不孝をし


ていたのですが、母は腰が曲がりくの字になって歩いているし、父も右に


傾いてひょこひょこと今にも転びそうで久しぶりに親の姿を見て愕然とし


ました」


 それが片付け講座とどうつながるのだろうという疑問に応えるようにコ


ーケンは続けた。


「もともと、大手広告代理店で営業をしていたのですが、バブルの時代に


あまりにもじゃぶじゃぶと金が使えるので、もちろん交際費です。得意先


の接待やなんだかやで、毎夜飲み歩いて、ホステスからもちやほやされて


舞い上がり、お決まりの浮気。これで離婚して、気がついた時にはバブル


がはじけ、わたし自身もはじけてしまいました」


 人の不幸は蜜の味というが、浮気や離婚という話に注目が集まった。


「ようやく軌道に乗った炭焼きの仕事も大切ですが、親はもっと大切で


す。そこで山と街の暮らしを半々にしようと思ったのですが、両親の家の


中は大変なことになっていました。腰が曲がった母の手の届く範囲にもの


を置こうとするので、床からソファの上からものだらけで、足の踏み場も


ないほどでした。父も足元がおぼつかない状態なので、重いものを持てま


せんし片付けもできない状態でした」 コーケンは、ゆっくり息を吸って、


吐いた。


「1人になり、ものも家もすべて処分してリュック1つで炭焼きの小屋で暮


らしていた私にとってはショックでした。かといって何かを捨てようとす


ると、父や母が待ったをかけるのです」


 コーケンは苦笑しながら続けた。


「わたしが子どものころのがりがり氷を削るかき氷の機械まで取ってある


んです。そんなもの誰が使います? 一事が万事で、わたしがものを捨て


ようとしていることがわかっているので両親はわたしを交代で見張るよう


になりました」


 母親と二人で暮らしている梅森は思い当たることがあるのか、ごくりと


唾をのみこんだ。


「とにかく両親はわたしを1人にしないんですよ。わたしはなんとかすき


を狙って、押入れのものを捨てようとするんですが、敵もさるもので、わ


たしがごみ袋に突っ込んでこっそり捨てたものをまた黙って拾ってきまし


てねえ」


 時間ですとまろみが合図のちりんを鳴らすと、コーケンはこの続きはまた


改めてと、さっさと席に戻った。


拍手はコーケンの話のように途中で浮いてしまった。


それで、どうなったの? と続きが聞きたいのに盛り上がったところで肩


すかしを喰わされたようだ。さすが元広告代理店の営業だ、いいところで


続きは次回にと引っ張るところはテレビの連続ドラマのようである。しか


しこのまま、次の人が話をするのはやりにくいだろう。


 くら子は立ち上がって、ここで休憩にしましょうと宣言した。

 





 まろみが水で喉を潤し、ふぅと息をついた。


「なんだか、濃い人たちばかりですねえ。圧倒されました」


「そうねえ、個性豊かでエネルギーがあふれているみたいね。だいたい何


かする時に1期生の人と言うのは、優秀でエネルギッシュな人が集まると言


われているから」


「なぜですか」


「新しいということは、前例がないということでしょ。当然リスクも大き


い、それでもチャレンジしてみようという人たちはやっぱりエネルギーが


ないとね」


「確かに、それでは2期生は?」


「だいたいパワーが落ちるわね。だって1期生は人の通ったことのない道


を進もうとする人たちで、2期生は開けた道のメリット・デメリットや安全


を確認してその足跡をたどるから」


「なーるほど」


「だから、期待しているのよ」


「そうですね。ユニークな人ばかりですし…でも、あのヴィクトリア女王


様は大うそつきですよ」


 まあまあ落ち着いてとくら子はまろみの腕をぽんと叩き、自己紹介を再


開しましょうと立ち上がった。


「松本未世です。区役所に勤めていましたが、昨年退職しました。嘱託で


残る話もあったのですが、もう充分だと思いすっぱりやめました。実は夫


も同様で、職場は違いましたが、一緒に辞めました。2人で新しいことをし


たいと思いました。わたしたちは自分で言うのもなんですが片付けは得意


です。というかものを持たない主義ですので、片付ける必要がないという


か…例えばうちの冷蔵庫にはビールしか入っていません。夏には特別にス


イカが入りますが夫の好物なので、へへへ」

 

 村上弘江はくの字の眉を吊り上げて信じられないとつぶやいた。村上の


言葉が聞こえたのか未世は苦笑して続けた。


「皆さん、そうおっしゃいます。でも、これはわたしたちが結婚した時に


決めたことです。朝は近くの喫茶店へ行って二人で新聞を読みながらモー


ニングセットを食べます。昼は食堂、夜は近所の居酒屋です。だから家で


料理もしないし、買い物の必要も無い。冷蔵庫もビールだけ。休みの日は2


人でリュックを背負って山に登ります。子供も作らないと決めていまし


た。このようなシンプルな生活を送ってきましたので掃除も楽でした」


 今の時代ならこのような夫婦がいてもおかしくない。しかし、30年以上


も前から料理はしない、食事は外食、洗濯や掃除の家事は分担という暮ら


しを聞いて恐れ入ったという顔が多かった。


 未世はそのような反応には慣れているので無視した。


「昼間も家にいるようになって、近所のおばあちゃんのうちに回覧板を持


って行くと、まあものの多いこと。というより、何があるのかわからない


ほどで保険証を探すのを手伝って欲しいと言われて驚きました。定年まで


はご近所とのつきあいもほとんどなかったのですがこれはえらいことだと


思いました。まさか自分の町内にゴミ屋敷予備軍がこんなにあるとは思い


ませんでした」


 くら子は「ひきとりや」の健さんの話を思い出していた。おじいさんが


以前手放した箪笥や棚を返せと言ってきたと。やはり片付けは早めにしな


ければ手遅れになってしまう。未世もこのことに気づいたようだ。


「退職して2人でどこかの山小屋で暮らそうかと思っていたのですが、まだ


元気なうちに自分たちにできることがあるのではないかと思うようになり


ました。2人で相談しているところに『わくわく片付け講座』のチラシがポ


ストに入っていました」


 くら子とまろみはまた顔を見合わせた。チラシの謎は深まるばかりだ。


「片付けが得意なわたしたちにとって、お金を出して片付けを習うという


ことが不思議だったのですが、片付けられないということはどういうこと


なのかを知るために参加しました。この話をすると意外なことに、友人知


人が皆興味があるというのです。緊急の問題ではないけれど、気にはなっ


ているという人がほとんどでした。そこでわたしは片付けの伝道師になる


ことに決めました。よろしくお願いします」


サポーター殺人事件(3)に続く

 





長い間放置していたこの話を読み返してみると、忘れていることも多く、当時


はこんなことを考えていたのだなと思います。


今回の話に成年後見の話が出てきますが、先日(2019年2月16日)奈良県


宇陀市の成年後見シンポジウムで「転ばぬ先の老前整理」の講演をさせて頂


きました。


少しは現実とつながってきたかなと思っています。





 







「くらしかる」(HP2) ご案内 




 


 























「くらしかる」(HP1) ご案内 


   HP1ヘ      




















   
 ◆「老前整理」は(株)くらしかるの登録商標です。無断での商用利用はお断りします。