なぜ、小説 老前整理を書いたか? について




『老前整理』(徳間書店)あとがきより





前略


 世の中に、片付けや整理の本はたくさんありますが、どのようにこのこ


とを伝えるかで悩みました。


 だって、老前整理といっても、誰も知らないのですから。それに私は有


名人でも、カリスマでもないし、大々的に宣伝するお金もありません。


 色々なビジネスの本を読むと、物語(スト―リー)をつくりなさいとあ


りました。


 ここでまた、ハタと困ります。実績があれば、こんなことがあったと話


にできますが、それがないから困ったのです。


 そこで、一番お金のかからない方法で2009年3月からブログで小説を書


き始めました。そもそも携帯小説もブログ小説も読んだことのない人間が


始めたのですから、失敗もたくさんしました。


 いま考えれば笑い話ですが、私はケータイで読むのは携帯小説、ブログ


で読むのはBLOGを省略したBL小説だと思っていました。そこでブロ


グのタイトルをBL小説「わくわく片付け講座」でした。


 半年くらいたって、ようやくBL小説というのはBOYS LOVE


(少年愛)の略称だということを知り愕然としました。


 ほんとうに、無知、知らないというのはこわいものです。


 開設当初からブログ小説にそこそこアクセスがあったのは、このBLの


せいだったようです。ちなみに、BL小説なのに、なぜおばさんばかり出


てくるのかというクレームはありませんでした。きっと、読者はあきれ


て、無視されたのでしょう。

                後略

                    平成22年12月  坂岡洋子

目次へ戻る


          

           


この画像は、BLBLOGの省略でないとわかってからのブログ小説の


トップページです。従ってアクセス数は一ケタ!!!(現在は閉鎖)



 追記 2019年2月1日


改めて、ホームページになぜ「小説 老前整理」をアップしようと思った


かについてです。


昨年からホームページのリニューアルのために、仕事の棚卸しをして


きました。


2011年に上記『老前整理』を上梓してから、ふりかえる余裕もなく走


り続けてきました。


従って、この度のHPのリニューアルは仕事を見直す良い機会になりまし


た。


また、仕事を立ち上げた時のことも思い返しました。


上記あとがきに書いたように、当時はblogで小説を毎日書いていました。


考慮したのは、1日分をスクロールせずに読める分量にすること。


風景などを細かく描写をすると、長くなり、話がなかなか進まず、次を読


む気が失せると思ったので、会話を主体にテンポよく進めようと思ったこ


と。そしてとにかく1年続けようと思ったことと、その中で仕事のシュミ


レーションをしていました。


書いているうちに、書くこと自体がおもしろく、話が長くなり、1番長い


話は88回(日)つまり3カ月近く書いたことになります。その頃には予


定の1年を過ぎていました。


現在そのブログは閉鎖して、ありません。


改めて、HPに掲載する価値のある話かどうか悩みましたが、「伝える」


手段として、このような軌跡をたどったということに価値があるのではな


いかと思いました。


それにブログと違い、読もうと思えば一度に読めます。


しかし全てを掲載するのは無理なので比較的短いものを選び、基本設定


は変えず、今の時代に合わせ少し加筆修正して掲載することにしました。


ご高覧いただければ幸いです。



 







「くらしかる」(HP2) ご案内 


 


 























「くらしかる」(HP1) ご案内 


   HP1ヘ      




















   
 ◆「老前整理」は(株)くらしかるの登録商標です。無断での商用利用はお断りします。