[行動経済学と老前整理7]


【ものが増える原因】







なぜ増えるのかを考える

 行動経済学者のリチャード・セイラ―は行動経済学の原則を3つ紹介しています。



1、観察すること

2、データを集める

3、主張する



 はじめの観察は、日々しているつもりですが、何を見るか、どこを見るか、どのように見

るか、でしょうか。

 ピントが合ってないと、観察にはなりませんし、あさっての方向を見ていてもお話になら

ない。

 次のデータを集めるは、今まで集めてきたデータを生かすこと。そしてこれから新たなデ

ータを集めることでしょうか。

 主張するは、データを集めた結果ですね。それはこれからですが日々、進みつつありま

す。

 老前整理の通信講座を初めてとして、以前からかなりのデータを集めています。
 
ものが増える原因について、いつも講演会で質問して、手を挙げていただきますが、2017年

のこの時はアンケートの形で記入をお願いしました。

(この質問は『老前整理実践ノート』(徳間書店)他、拙著に掲載)




■当てはまると思う項目にすべてチェックを入れてください。

□ おまけに弱い

□ 安いとつい買ってしまう

□ なんでも多めに買っておく

□ 紙袋はすべて取っておく

□ 必要かどうかより、欲しいから買う

□ もらえるものは何でももらう

「はい」はいくつありましたか。



昨年の会場の結果です。(2017年)

□「おまけに弱い」「紙袋はすべて取っておく」「必要かどうかより欲しいので買う」

が約50%。

一番多いのは「安いとつい買ってしまう」が一番多く77%「何でも多めに買っておく」が約

40%、「もらえるものは何でももらう」が35%でした。

おまけに弱いは、「無料に弱い」でお分かりでしょう。

□安いとつい買ってしまう

 さてこの「安い」ですが、行動経済学では専門用語で「アンカリング効果」と呼ばれてい

るものです。

 船が錨(いかり=アンカー)をおろすと錨と船を結ぶとも綱の範囲でしか動けなくなること、

つまり、意思決定を行う際の基準を指します。

 これは最初に印象に残った数字やことばが、後の判断に大きな影響を及ぼす傾向にあるこ

とがわかっています。

 例を挙げれば、店頭でコートを見て、5万円の正札に3万円の赤字のシールが貼ってあれ

ば、これは「安い」から「お買い得」だと衝動的に思ってしまったことはありませんか。

 また「先着5名」や「本日限り」とか「残りあと3つ」など、アンカーが使われているの

です。

 本当にそれが必要だからではなく、「残り3つ」だから、バーゲンセールが終わるころに

はすべて売れてしまい、二度とその値段で買えなくなるという気にさせられ、買ってしまう

のです。

□なんでも多めに買っておく「メンタルアカウンティング」

□紙袋はすべて取っておく「損失回避性」

□必要かどうかより欲しいから買う「注意の焦点化効果」

□もらえるものは何でももらうは.「無料に弱い」「損失回避性」が当てはまります。

以上のように、2011年から実施してきたアンケートの「ものが増える原因」はすべて行動経

済学で説明できることがわかりました。

『老前整理の極意』より抜粋
         





「くらしかる」(HP2) ご案内 


 


         









「くらしかる」(HP1) ご案内 




           HP1ヘ      
  




 
 ◆「老前整理」は(株)くらしかるの登録商標です。無断での商用利用はお断りします。