老前整理のナッジ9


 「老前整理の収納術」




NEAT

 老前整理における収納のポイントを語呂合わせで紹介します。

 英語で「きちんと整理された」状態をニート(neat)といいますが、老前整理における収納

もこのニートをぜひ心がけていただきたいのです。そのためには。


最短で(Nearest)  置き場所は最短距離、もしくは使うところに置く

簡単に(Easy)    見やすく、出し入れを楽にする

知らせる(Announce) どこに置くか家族に伝えて、わかるようにしておく

問題なし(Trouble-free) 遠い、狭い,いは現禁!




使用頻度を把握する

1日に何度も使う     鍵、リモコン、携帯、スマホ、メガネ、財布

1週間に1度使う     爪切り、耳かき

1か月に1度使う     換気扇フィルター

1年に1度使う      重箱、ひな人形



収納で忘れていただきたくないのが、腹8分目ならぬ、もの8分目を実践するということで

す。

 満員電車よろしく、100%以上も詰め込んでしまわないで、2割くらいは隙間を残して、8

割ぐらいを使うのです。

 要するに、何が何処にあるのか、収納を見えるようにして、ものを取り出しやすくして、

詰め込みすぎないことです。

 こうすれば、知らず知らずのうちに溜まってしまう保存食や日用雑貨のストック品も最低

必要な分だけを持てばよくなります。

 スーパーのチラシを見て、ついつい買ってしまう安売りの醤油やサラダ油にも注意しまし

ょう。安いからといって買っても、結局使わないでダメにしてしまうことが多いのですか

ら。

 何が何処にあるか、把握できていない限りは、すでにあるものをまた買ったりしていませ

んか。

 見えるようにしておけば、何が足りないか、何が必要なのかがさっと見てわかるので、無

駄な買い物もおのずと減っていき、ものも増えないはずです。

『老前整理』 『老前整理実践ノート』 より
 




「くらしかる」(HP2) ご案内 


 


         









「くらしかる」(HP1) ご案内 




           HP1ヘ      
  




 
 ◆「老前整理」は(株)くらしかるの登録商標です。無断での商用利用はお断りします。