[行動経済学と老前整理9]


 「捨てられない」心理





なぜ捨てられないのか

 老前整理で、「捨てられない心理」を行動経済学で説明すれば次の3つの理由が考えられ

ます。





1、「損失回避」
 これは得(プラス)と損(マイナス)を比べると、得をするより損をする方がショックが

大きいのです。これは洋服を失う時のみじめさは、洋服が手に入った時の幸福感の2倍にあ

たるともいえます。

 つまりまだ着られる(と思っている)洋服を捨てることは損に結びつくので手放せないの

です。そして損をするくらいなら、何も変えないほうがましだというわけです。



2、「保有効果」

 第一の損失回避の感情は保有効果につながります。保有効果は、一度ものを所有したら、

それに高い価値を感じどうしても必要なものではなくても手放そうとしなくなるのです。



3、「現状維持バイアス」

 偏りや傾向として心理学の「バイアス」ということばが出てきましたが、これは人間がお

かすエラーの中でも特定の状況で繰り返し起きやすいなエラーのことで、予測が可能だとい

うことです。

 捨てられないのは、決断力がないからとか、ケチだからとか、ご自分を責めていません

か。

 こうして行動経済学で「捨てられない心理」を知ると、ものの見方が変わりませんか。

「私はこうして損失回避をしようとしている」とか、「手放したくないのは保有効果ね」と

か、「現状を変えたくない現状維持バイアスがかかっているけれど、本当に現状でよい

のかしらとか…」
 
大切なのはここからどうするか、自分で考えていくことです。 
     

  『老前整理の極意』より  

    




「くらしかる」(HP2) ご案内 


 


         









「くらしかる」(HP1) ご案内 




           HP1ヘ      
  




 
 ◆「老前整理」は(株)くらしかるの登録商標です。無断での商用利用はお断りします。