8  ペルー料理のレシピが見つからない!?  

    片付けられない料理研究家のレシピが行方不明に



 

 日曜の昼時、くら子は10年ぶりに高校時代の部活のOG会に参加した。会


場は中華料理店の2階。幹事は一学年上の山岸で、どうしても出て来いと言


われ断れずに参加した。


 4つの円卓を見回しても知った顔が見当たらないので、くら子は空いた席


に腰を下ろした。


 後ろから肩を叩かれて振り返ると、丸い顔があった。


あの、と名前が出て来ないくら子に、「大和田美知よ。二つ上のミッチー


よ。思い出した?今回は幹事がヤマちゃんだから、くら子に来てもらうよ


うに頼んどいたのよ」


美知は隣に座った。


 幹事の挨拶と、元顧問が入院中で参加できないことが告げられ、食事が


始まった。


 前菜が終わり、ふかひれスープ、エビと貝柱のXO醤炒めとコースが進ん


でも、美知は要件を切り出さず、エビと貝柱をあっという間に平らげた。


 料理が出るたびに美知は写真を撮り、メニューカードに書き込んでい


る。


「先輩、インスタをしてらっしゃるんですか」


「あ、くら子は知らなかったわね。わたし、今、料理研究家なの。お店の


食べ歩きの記事も投稿しているから、そのために写真を撮ってメモをして


いるの」


それでは私は食べることに専念しようと、くら子は北京ダック用の皮に手


を伸ばした。


「ところで、くら子、この後、予定はある?」


いえ、今日は休みですからと、くら子が言い終わらないうちに美知は、こ


の後は付き合ってねとひとりで決めてしまった。


 美知の仕事場は、駅前商店街のはずれにある5階建てのマンションだっ


た。


 エレベーターで3階に上がり、302号室の前に立つと、美知が眉間にしわ


を寄せて、くら子、覚悟はいい? と訊いた。おぼろげながら事態を把握


しつつあったくら子は、うなずいた。


 玄関から奥の部屋までの廊下にも、床に箱が積み上げてあり、かろうじ


て空いたすき間をぬって進んだ。リビングも、本棚や二人掛けのソファー


があるが、そこにも本やファイルや切り抜き、請求書などが散乱し、泥棒


が入ったかと思うありさま。


「ご覧の通りよ。もう何が何だか分からない状態なの。レシピを探そうと


思っても、どこに紛れ込んだかわからない。探しているうちに、どんどん


時間がたって。それでも、見つかればいいほうで、見つからないことも多


いの。そこで、また図書館に行ったり、本を買ったりしての、悪循環。そ


ろそろアシスタントを雇いたいと思っているけど、片付けないと仕事もし


てもらえないし…」


この話は長くなりそうなので遮って、くら子は核心をついた。


「仕事をしている時間より、物を探している時間のほうが長いのではない


ですか」


 そうなのよ、わかってくれたのねという風にうなずく美知にくら子は続


けた。


「パソコンは使っておられますか」


「ノートパソコンがどこかに埋まっているはず」


「箱がたくさんありますけど、中身は本ですか」


「食器とか台所用品かな。年に一度は海外に行って、向うの料理の勉強を


したり台所用品を買ってくるの」


 ただ食べているだけではない、先輩もそれなりに努力をしている。それ


は重要なことだ。


「海外で買ってきたものが全部、箱の中ですか」


 美知はおずおずとうなずいた。中華料理を食べていた時の勢いはまった


くなかった。


「実は、『ミッチーのぐるぐるクッキング』というユーチューブを作ろう


と思ってね。それにはテーブルコーディネートも必要だから…ぐるぐるク


ッキングの構想は5年前からなのよ。ぐるはグルメのグルで、レシピだって


たくさんあるし食器もそろえたの。ユーチューブにアップして、本を出し


て、テレビに出演して、有名になって…」


 美知はまくしたてた。


 今の時代、5年前に料理のユーチューブを開設していたら、それこそ今頃


はテレビに出ていたかもしれない。あくまで、かもしれないだが…5年の月


日がどれほどの意味を持つのか先輩は理解しているのだろうか。しかし、


この状態でよく何年も仕事をしていたものだと、くら子は感心し、尋ね


た。


「片付けようと思われたきっかけは何ですか」


「ペルー料理のレシピがいるの1週間後に『アンデスの夕べ』という催しが


あって、フォルクローレの演奏とペルー料理の試食会があるの」


「もしかして…」


「そう、その、もしかよ。だから、くら子に来てもらったの」


 急に愛想笑いをしながら美知は続けた。


「前からなんとかしなきゃって思ってたのよ。この前も女性雑誌の『片付


けられない女特集』を読んだの。そこには、床に物がいっぱいあるのはカ


オスを表していると書いてあったのよ。このカオスは経済状態にまで影響


を及ぼすから、お金が入ってこないのよ。仕事がうまくいかないのはこの


せいだなと…」


 仕事がうまくいかないのを、床に物が置いてあるせいにするとは言語道


断だと思いながら、口には出さずくら子は慎重に言った。


「それまでは片付けようとは思われなかったのですか」


きつい調子にならないように気をつけたつもりだったが、美知は明らかに


むっとした。


「失礼ね。毎日のように思ってたわよ。だけど、どこから片づければよい


かわからなくて。だって、紙の山を移動しようにも空間はないし、切り抜


きは捨てられないし…」


 そうなる前に、なぜもっと早く片付けなかったのかということばを呑み


込んで、くら子は聞いた。


「ところで、先輩はなぜわたしに?」


「始めは、あかの他人の方がいいと思ったのよ。恥をかくのは一時のこと


だから。だけど、よく考えてみると、その人が『家政婦は見た』みたい


に、誰かにしゃべって、それが週刊誌に載るなんてこともありうるでし


ょ。山岸から、くら子の仕事のことは聞いていたの。だからね、くら子な


ら秘密を守ってくれるし」


「それでは、明日から、かかりましょうか」


美知の目が点になった。


「どうして? 今すぐ取りかかってもらえると思ったのに」


「ミッチー先輩、それは無理です。片付けに当たって、準備もあります


し、ところで、キッチンはどうなっていますか」


 キッチンも、わずかなスペースしか空いておらず、鍋や食器が積まれて


いた。ここで、まともな料理ができるのかというくら子の思いを読んだか


のように、美知は、わたしはプロだからねと胸をはった。レストランの厨


房を見たことがないのですかという言葉が、喉まで出かかったが、かろう


じて抑えた。


「バスルームはどうなってます」


「くら子、トイレに行きたいの」


「違いますよ。スペースがあるかどうか見たいのです」


「ここではシャワーを浴びるくらいで、ほとんど使ってないの」


やっと、空きスペースが見つかったと、くら子はほっとした。次にいつも


バッグに入れて持ち歩いているスケールで部屋の寸法を測った。


 じっくり紙類を見ると、DM(ダイレクトメール)や新聞の折り込みも


多いようだ。くら子は昨夜、ラジオで聞いた話を思い出した。


 アメリカでは、日本以上にDMがたくさん送られるらしく、一生の間に


送られてくるDMの量は、八カ月分くらいの膨大なごみの量になるそう


だ。


 量に恐れをなしていては、この仕事はできない。それにミッチー先輩は


どうにもならなくて、わたしを呼んだのだから。できるだけのことはしな


くてはと気を取り直した。


「それでは、明日、おうかがいします」


「くら子、頼むわね」と、美知はくら子の手を握った。


 握力も昔と変わらないんだなあと思いながら、くら子はマンションをあ


とにして、事務所のスタッフのまろみに明日の予定変更の電話をかけ事情


を話すとまろみが聞いた。


「レシピはネットで調べられないのですか」


「現地の人に習ったんだって。とにかく、何をするにも、片付けないとど


うにもならないのよ」


「アンデスの埋もれたレシピ…なんて、神秘的。それにロマンティック。


ハリソン・フォード主演だったらもっと良いのに」


「励ましのお言葉、ありがとう」


 翌朝、マンションを訪れたくら子を迎えたのは、美知の寝不足のむくん


だ顔だった。


「ミッチー先輩、キッチンタイマーはありますか」


「どこかにあると思うけど…」


ふむ、やはりとひとりごちて、くら子はカバンからタイマーを取り出し


た。


「なんなのよ、それ、卵でもゆでるつもり?」


「残念でした。これで時間を計りながらやります」


お好きなようにと、美知は肩をすくめた。


「まず、一番の目的はレシピを探すことですね」


くら子は念を押した。


「でも、片づけながらでないと、レシピは見つからない」


美知はこっくりとうなずいた。


「それではまず、リビングのこの部分のスペースを畳2枚分空けます」


「でも、ここのものはどうするのよ」


「バスルームです」


「どうして、わざわざそんなことしなければならないのよ」


「本当は、もっと近くにスペースがあれば能率は上がるのですが、ぜいた


くをいってられません。とにかく取り掛かりましょう」


 くら子が持参した古いカセットデッキのボタンを押すと漫画[巨人の星]の


テーマが流れた。


 美知は一瞬ポカンと口をあけ、その後、涙を流して笑い転げた。


「昔、先輩はこの歌を聴くと元気が出るって、替え歌にして歌ってたじゃ


あないですか」


「くら子、よくそんなこと覚えてたわね」


「一緒に無理やり歌わされたのだから、忘れられませんよ。とにかく、こ


の曲を聴くと先輩はやる気が出ると思って。それでは、先輩は右側の山、


わたしは左側、時間は15分。どちらが早く終わるかです」


 美知は学生時代から、負けず嫌いだったので、くら子と競うことになる


と急に眼の色が変わり、どさっと抱えて、バスルームに持ち込んだ。


 タイマーのぴぴぴという音が鳴る10秒前に、三畳ほどのフローリングが


見えるようになった。



                 

 くら子は折りたたみのコンテナボックスやファイルボックスを組み立


て、ラベルを貼った。本、切り抜き、レシピ、請求書や領収書などの書


類、その他と書いてある。また、大きなごみ袋も破れないように二重にし


て用意した。


「ミッチー先輩、まず、この空いたスペースで作業をします。本はここ、


新聞、雑誌の切り抜きはここ…先輩のレシピはここです。分類できないも


のは取りあえず、その他に入れてください。それから、DMや、通販の本、


チラシはこちらのごみ袋に入れてください。中身をぱらぱら見てはだめで


す」


「見なければ、わからないでしょ」


「見てたら一年たっても終わりませんよ。通販やDMは申し込みの期限があ


りますから、期限の過ぎているものは全部処分する」


「だって…」


「レシピが見つからなくても良いのですか。今度はこっちの山が先輩、わ


たしは壁際の山です。始めますよ」


 わかりましたと、美知は渋々作業を始めたので、くら子はまたカセット


のボタンを押し、30分のタイマーをセットした。


 ぴぴぴぴとタイマーが鳴った時には、膨れあがったゴミ袋が4つになっ


た。


「なんだか、ほとんどゴミだったみたい」


 ふーっと息を吐きながら美知は肩の力を抜いてつぶやいた。


「なぜ捨てられなかったのだろう? 簡単なことだったのに」


「捨てる基準を決めていなかったからですよ。いつか見るだろうと思って


いるものは、溜まるばかりで、二度と見ることはないものなんです。だっ


て、その頃には、次に見るものが待っていますから、いつかというのは来


ないのです」


 そうよねえと、腕を組んで美知は部屋を見渡した。


「それに、これだけあると、どこに何があるかも覚えていないから、結


局、無いのと同じで、情報としては使いものにはならないんです」


「確かに」


「一番の問題は、今回のペルー料理のレシピみたいに、探すのにとてつも


なく時間がかかることです。とにかく、やってみましょう。今度は60分で


タイマーをセットします」


 くら子が「巨人の星」を止め、ボサノバの「おいしい水」をかけると、


部屋の空気が優しくなったような気がした。美知も気が付き、手を止め


た。


「なんだか、ほっとするわね」


そうなんですよと、くら子は頬笑みを返した。


 「わくわく片付け講座」でも、片付けをする時は、BGMに音楽を流すの


を勧めている。はじめは、なかなかやる気になれないので、鼓舞するよう


な元気の出る曲。ある程度、流れがつかめ、落ち着いたら、心地よい曲を


流す。音楽の癒し効果もいろいろ云われているが、これも、片付ける環境


作りのひとつだと考えている。


 美知の作業スピードも徐々に上がっている。やり方がわかれば、あとは


単純作業になる。ぴぴぴぴとタイマーが鳴って、60分終了。


「先輩、休憩です。そろそろお昼ですし、外へ何か食べに行きましょう


か」


「もうちょっとで、この山が片付くから…」


「山は逃げませんよ。それに、無理をするとあとが続きません。私はお腹


がペコペコです」


「くら子は昔からよく食べたわよね。わかった。何か作るから」


「ミッチー先輩の手料理ですか」


「そんなに、びっくりすることないでしょ。私の仕事は料理をすることな


んだから。そういえば、くら子にごちそうしたことはなかったわよね」


 美知は立ち上がって、ゆっくり背伸びをした。


「簡単なものでいいかしら」


「はい、ぜいたくは申しません」


 調理スペースのものを横に移動させ、狭い空間で美知は作業をした。


 ランチは、アンチョビのパスタにトマトとおくらの冷製サラダとエスプ


レッソ。


 ボサノバがゆるやかに流れる中、くら子は美知の料理を味わった。


「ごちそうさまでした。おいしかったです」


「ここで料理教室もしたいのよ」


「片付いたら、できますよ。世界の料理を教えるのですか」


「それもあるけど、高齢者向けの介護食をしたいと思って…」


 くら子は美知の意外な言葉にむせた。


「食べることが楽しくなるような、介護食を考えてるの。介護する家族が


簡単に作れて、おいしいもの」


「それはいいですね」


 二人は皿を洗い、作業を再開した。


「ミッチー先輩、ペルー料理のレシピは、黄色い紙に書いてあったのです


よね」


「そう、途中の空港で買った、黄色いリーガルパットに書いたのよ。レシ


ピさえ見つかれば…」


「片付けをやめますか?」 くら子は真顔で聞いた。


「ここまできたら、やめませんよ。この調子でやれば、ユーチューブや料


理教室も夢じゃないしね」                                     

 良かった、このまま中途半端に終われば、すぐに元の木阿弥になる。始


めは片付けようと意気込んでも、がんばり過ぎ、最後まで続かない人も多


い。時間がかかっても、大変でも、一度片づけると、すっきりした心地よ


さを実感できる。まずは、この成功体験が重要である。くら子は美知に、


料理教室を開いて欲しかった。


 3時のティータイムの後、次の山に取りかかった。くら子は美知と背中合


わせになり、本、書類、切り抜き、雑誌、DM、チラシなどを分けていっ


た。山の数は減ったが、その分、ゴミ袋の数が増えた。ゴミ置き場へ2人で


3往復して、リビングの床も3分の2のスペースが空いた。


 窓を全開し、ほこりがたまっている空きスペースにざっと掃除機をかけ


ると、淀んでいた空気が浄化されるような気がした。カーテンが、揺れて


いる。


「風が通るって、こんなに気持ちの良いものなのねえ」


 くら子は美知の変化を喜びながらも、ペルー料理のレシピは一体どこに


あるのかと考えていた。


美知はこれだと掃除も苦にならないと上機嫌である。そして突然かがみこ


むと何かを拾い上げ、オーマイゴーとバンザイをして叫んだ。


「先輩、大丈夫ですか」


見つかったのよぉーと美知は、緑の石が縦に三つ並んだピアスを手の平に


載せた。


「クスコの土産物店で一目ぼれして、買ったエメラルド。給料の何カ月分


っていう値段で一生ものだと思っていたのに。片方落として…外で失くし


たと思ってたのだけれど…あったのよ」


 くら子の経験では、本の間から現金や商品券が出てきたり、失くした結


婚指輪発見などはよくあることである。こういう思いがけない喜びは、片


付けのおまけのようなものだと思っている。美知の興奮がおさまったとこ


ろで、くら子は作業の再開を宣言した。


「ミッチー先輩、次はバスルームに運んだものの整理です」


「そういえば、あそこにもまだあったわね」


 2人で、空いたスペースにまた、一抱えずつ運んだ。タイマーをセット


し、カセットを美知があった! と声をあげた。レシピは、通販のうまい


もの案内の冊子の間に挟まっていた。これ、これよ。こんなところにあっ


たのねと涙を流さんばかりである。


アロス・コン・パト、セビーチェ、パパアラ・ウアンカイナ、デザートはア


フファホーレス…。


 くら子には、どんな料理か想像もつかないが、足りないレシピはないら


しい。


「アンデスの夕べ」に間に合いそうですね、と言いかけたくら子の手をしっ


かりと握って、美知は、声を震わせた。


「本当にありがとう、くら子。いくら感謝しても足りないくらいよ」


「そんな大げさな…」


「レシピは見つかったし、このまま片付ければ、料理教室も夢じゃなくなっ


たもの」


 くら子は、今日の作業は不要なものを捨てただけで、整理までには至っ


ていないことを説明した。


 通販のカタログを見せて、本棚を一つ購入し、そこにきちんと本を並べ


ること。料理の切り抜きやレシピを、ファイルにまとめ、ラベルを付け、


どこに何があるかわかるような、リストを作ること。食器や調理用具は写


真を撮ってリストを作り、使えるようにすることなど、思いつくことを紙


に書いて渡した。できれば、パソコンを使ってデータを作るのが望まし


い。そういえば、どこかに埋もれているはずのパソコンは、未だ行方不明


だ。


「はい、はい、わかりました」


 美知はレシピが見つかったことで、もう片付けが済んだと思っているよ


うだった。


 マンションを出たくら子は、これでよかったのかと思いながら、早く帰


ってお風呂に入りたいと、足を速めた。


 2ヶ月後のバレンタインデー。


事務所へ美知から宅配便が届いた。小さな箱を開けると美知が作ったザッ


ハトルテで、カードが添えられていた。


「くら子さま おかげで片付いたし、来月から料理教室を開きます。ユー


チューブデビューもしたから見てね、よろしく! 美知」

"おいしいものは人を幸福にする"これは誰の言葉だったかしらと思いなが


ら、くら子は濃厚なトルテを味わい、終わりよければすべてよし、とひと


りごちた。

   




★なぜペルー料理なのかは…ブログ ケーナとサンポーニャ をご覧あれ




 







「くらしかる」(HP2) ご案内 




 























「くらしかる」(HP1) ご案内 


   HP1ヘ      




















   
 ◆「老前整理」は(株)くらしかるの登録商標です。無断での商用利用はお断りします。