30 、スピンオフ ローゼン整理

      老前整理はK社スタッフのまろみの夢のお告げ?




 20分遅刻だと思いながら二日酔いの頭で事務所のドアを開けたまろみ


に、おはようというくら子の元気な声が響いた。


「すみません。昨夜は友達と調子に乗って飲みすぎました」


くら子は熱い番茶と、梅干を載せた皿をまろみに渡した。梅干は和歌山の


受講者が送ってくれた果肉たっぷりの極上品である。


「くら子さんは朝から元気ですね」まろみが珍しいものでも見るようにさ


さやいた。


「昨日お風呂でひらめいたの!」


「また、どんなとんでもないことを考えたんですか」


「本を書こうと思っているけど、タイトルが決まったの」


右手でこめかみを押さえながら、まろみは熱い番茶をゆっくり飲んだ。


「はあ? まだ本の影も形もないのに、タイトルですか」


「そうよ、ネーミングが重要なのよ」


くら子の目がきらきらと輝いているのが、二日酔いのまろみにはまぶしか


った。


それでと梅干で口をすぼめているまろみにはおかまいなく、くら子はまく


したてた。


「老前整理よ、ろ・う・ぜ・ん・せ・い・り」


「漏電整理?」


「老いる前の整理で老前整理よ。単純に片付けや整理ではニュアンスが違


うし、前からピンとくる言葉が見つからなくて、ようやく気が付いたのが


老前整理よ。どうしてこんな簡単な言葉を思いつかなかったのかしらね。


グーグルやヤフーで検索しても出てこないのよ」


まだ休止状態のまろみの頭の上をくら子の言葉が飛び交っている。


「まろみちゃん、流行語大賞になったらどうしよう? 今年は無理として


も、来年には…」


「くら子さん、それはまだちょっと早いかと。わたし頭がガンガンしてき


ました」


「ガンガンでもドンドンでもいいわよ。こういう言葉は一番初めに活字に


した人が言葉を作ったことになるのかしら、それともホームページやブロ


グに書くと記録に残るのかしら…誰に聞いたらわかるのだろう? 今日は


2009年8月19日でーす」


「いったい、何を食べたらそんなにハイになるのですか。豆大福でもここ


までは…」


「まろみちゃんが二日酔いだからそう思うのよ。これはK社の未来がかかっ


ているのだから重大問題。50歳から始める老前整理とか、元気な人の老前


整理とか、まだまだあるわね」


 まろみの頭の中ではドラムが大音量で鳴りだした。


「老前は漢字が解りやすいかしら。それとも、カタカナでローゼンのほう


がイメージが良いかしらねえ。ローゼンはローズ、バラの花につながるか


しら、それとも外国語のローゼンなんとかみたいな高級感があるかしら。


どう思う? まろみちゃん」


「どうもこうも、わかりません。それより少し静かにしてもらえません


か」

   




 どこかで聞いたオルゴールが鳴っている。


 重い目を開けると、デジタルの時計は1012と表示している。あの音はゴ


ミの回収車の音だ。


 しまった、寝過した。まろみはかけ布団をはねのけ、もう一度時計を見


た。窓の外は明るい。


 くら子に電話をかけて遅刻を謝ると、しかたないわねと笑い、今日は外


へ出る予定もないからしっかり朝ご飯を食べて、お化粧してきなさいねと


言われた。


 以前、朝寝坊をした時に顔も洗わず、寝ぐせのついたで頭で出社したの


で、あまりみっともないことはするなということだろう。


 電車に乗ると空いていた。たまにはこんな風にのんびり座って会社に行


くのもいいものだと思った。


 窓の外の景色を見ながら、なぜ目覚ましが鳴らなかったのかと考えてい


るうちに、あれは夢だったのだと気がついた。


 なぜか異常にハイになって、流行語大賞がどうとか言っていたが、あん


なくら子さんは初めてだった。それにしても妙にリアルな夢だったが…。


くら子さんは確か「ローゼンセイリ」と連呼していた。


 昨年の暮れごろに本を出したいと言ってたけれど、そのことがわたしの


潜在意識に残っていたのだろうか。それにしても、ローゼンセイリはどこ


から来たのだろう。もしかしたら、夢のお告げかも…。


 まろみが事務所に入ると、応接コーナーでくら子と女性の話し声が聞こ


えた。


「まろみちゃん、来たの?」


 はい、と応接コーナーに顔を出すと、来客はM出版の醍醐日名子だっ


た。


日名子も昨年の「わくわく片付け講座」を受講者した1人である。


「日名子さんは、本の出版のことで来てくださったのよ」


「えっ、まさかくら子さんが出したいと言ってた、あれですか」


 日名子のまろみちゃんは変わらないわねえという言葉に、まろみは寝癖


を直してきて良かったと思った。


「最近、新聞や雑誌でも自分や家族の身辺整理についての記事が増えてい


るらしくてね。日名子さんの会社でも、こういう時代だからアラ還向けの


整理や片付けについての本を出そうということになったらしいの」


「くら子さんが書くのですか?」


 日名子は頷いた。


 まろみの肌に鳥肌が立った。


「あの、それで本のタイトルは?」


 昨夜の夢を思い出しながら、まろみは恐る恐る日名子に聞いた。


「それがまだ決まってないの。くら子さんはどう思われますか」


 難しいですねとくら子も首をかしげた。


   




  実はと、まろみが昨夜見た夢の「老前整理」の話をすると、2人はソフ


ァーを叩き、涙を浮かべて笑い転げた。


「さすが、まろみちゃんね、流行語大賞まで飛躍するところがただ者では


ないわ。こうなったら、夢のお告げを信じて老前整理にしましょうか。こ


れが正夢で流行語大賞が取れるくらい本が売れたら、K社も弊社もえらい


ことになりますよ。老前をカタカナにするかどうかは、帰って上司に相談


してみます。くら子さんもそれで良いですか」


「はい、けっこうです。まろみちゃん、流行語大賞の授賞式には2人で行き


ましょう」


「もう、くら子さんったらすぐ乗るんだから」


「くら子さん、本についての企画で、もうひとつお話ししなければならな


いことがあるんです」


 3人で盛り上がったあとだけに、日名子は言い出しかねていた。


「はい、なんでしょう。今日は4月1日ではないですよね」


 苦笑しながら、日名子は説明した。  


 日名子の会社では本にする前に、実験的にブログで発表したいというの


である。そうすれば、少しずつでも読んでくれる人が増えるだろうという


ことと、無料のPRになるからだそうだ。


 くら子が考え込んでいると、まろみがそれでは話が違うと日名子に食っ


てかかった。


「ブログっていうことは、毎日書かないといけないんじゃないですか」


「い、いえ、毎日でなくても良いです。できれば毎日がありがたいのです


が。これは実験なのですよ」


「実験? くら子さんはモルモット? 誰かのブログ小説が売れたもんだ


から、甘いことを考えているんじゃないですか。それで、ブログがうまく


いかなかったら本の出版は取りやめとか」


 日名子は大げさに手を振って、そんなことはありませんと否定した。


「でも、ブログで発表すれば誰も本を買わなくなるじゃあないですか。そ


んなの困りますよ」


「まろみさん、ブログを見る世代と、ほら、さっきの『老前整理』を考え


る人たちは違う層です」


「それなら、意味ないじゃないですか」まろみは不服だった。


「これは、本を買う『アラ還』世代以上の人たちの息子や娘に読んでもら


うのです。遺品整理は大変だから、親ごさんが元気なうちに、ご自分で老


前整理をしといてもらいましょうという、アラ還の子どもたちへのナビゲ


ーションとプロモーションなんです」


   




 黙り込んだまろみに日名子が続けた。


「うちの会社は小さな会社ですし、ベストセラーを出したこともありませ


んが良心的な仕事をしているつもりです。ただ、新聞にくら子さんの新刊


の広告を出す余裕もありませんし、売ると言ってもルートは限られていま


す。だけどブログなら無料で長期的にPRができます」


 2人の会話を黙って聞いていたくら子が、静かにわかりましたと答えた。


「えっ、ほんとですか」


「ただし、どの程度書けるかわかりませんよ。それに、読んでくださる人


がいるかどうか…」


「はじめは不安でしょうから少しずつ書いてください。時期を見てK社の名


前を出してくだされば、会社のPRにもなると思いますよ。ついでにうちの


会社から出版予定があることも書いてくださいね」


 日名子さんも抜け目がないんだからと、まろみがひとりごちた。


「とにかく、ダメで元々だから、やってみましょう」


 くら子の言葉に、ああ良かったと日名子はソファにへたりこんだ。


 それではよろしくお願いしますと日名子が笑顔で帰ると、今度はまろみ


がソファーにへたり込んだ。


「なんだかこの1時間は、嵐と竜巻と台風が一度に来たようで疲れました」


くら子は苦笑しながら、私にはとても有意義な時間でしたと空になった来


客用の茶わんを片付けた。


「くら子さん、ほんとに、ブログの話大丈夫ですか? いや、誤解しない


でくださいね。内容の心配ではなくて、ブログを書く時間があるのかと思


って」


「そんなの簡単よ。まろみちゃんが頑張ってくれれば、その分わたしにも


時間ができるでしょ」


 まろみの目が点になった。


「わかりました。K社の未来は私の肩にかかっているということですね」


「はい、そうです」くら子は姿勢と正した。


「そんなに簡単に言わないで下さいよ」


「何もわざわざ難しく考える必要はないでしょう? とにかくできること


をひとつずつやればいいのよ。整理・整頓と同じでしょ」


「そうですね。手が八本あるわけじゃなし。おまけに頭はひとつだから」


「ブログのことは、さっきも言ったようにダメ元でいいのよ。うまくいか


なくても、K社としてリスクはないのだから」


「リスク? 確かに、これ以上失うものはないですね」


「そうよ。無駄になるのは私の時間だけ、それも思考のトレーニングだと


思えばプラスにはなってもマイナスにはならない」


「さすが、転んでもただでは起きないくら子さんだ」


「それって、あまり人聞きが良くないけど…」


「そうですか。ほめてるつもりですけど、細かいことは気にしないでくだ


さい」


「そうそう、日名子さんのお持たせのチーズケーキがあるのよ。いかが?」


「もちろんいただきます。脳を働かせるには甘いものが必要なんです」


   

「わくわく片付け講座」完







妄想の世界では何でも自由に書けます。


ただ2009年8月19日というのは「老前整理」ということばが浮かんだ日と


いうのは事実です。


またこの時点で、老前整理の本を出すことは夢のような事でした。


だから当時、このブログを読んで下さった方は、バカなことを書いてるな


と思われていたでしょう。(私もそう思っていました)


そして1年後の2010年8月に出版のお話を徳間書店からいただき、2011


年に『老前整理』を上梓しました。


世の中、何があるかわかりませんね。そして1年間、blog小説を書き


ながらシュミレーションしたことが、後に役立ったのだと思います。


もちろん、小説「わくわく片付け講座」が活字になることはありませんで


したが、当時の私にできることはこれしかなかったし、書いて良かっ


たと思っています。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。





 







「くらしかる」(HP2) ご案内 




 


 

























「くらしかる」(HP1) ご案内 


   HP1ヘ      





















   
 ◆「老前整理」は(株)くらしかるの登録商標です。無断での商用利用はお断りします。