bU  片付かないから離婚 




「すっきり暮らそう、『わくわく片付け講座』のK社で〜す」


まろみのテンションの高さとは対照的な、思いつめた口調の電話が受話器


から聞こえた。


「神田圭子です。実は2か月前に一緒に講座に参加した秋田さんのおうちは


とてもスッキリして、ご主人と離婚されましたの」


「はあ? 離婚のためのアドバイスをお望みでしたら…」


「いえ、離婚するといわれているのはワタシです…とにかく来てください


住所は…」


 神田邸はゆるやかな上り坂が続く閑静な住宅街の一角にあった。


 隣近所の庭には季節の花が美しく咲いているが神田家の庭だけがまるで


空き家のように荒れていた。


「くら子さん、講座を受けてもどうにもならなかったみたいですね」


 まろみが雨戸の閉まった2階を見上げてためいきをついた。


「講座はきっかけなのだから、自分で出来ないと思ってSOSを発信したの


は正解よ。だから無駄じゃなかったわよ」


 くら子がインターホンを押そうとした瞬間、玄関のドアがゆっくりと開


いた。


「すみません。もうどうしていいかわからなくて」


 清実は肩の落ちた抹茶色のジャージー姿だった。


化粧っけのない顔は、眼の下にジャージーと同じ色のくまができている。


しかし、扉の内へ案内する気配はなく、下を向いて固まったままだ。


「お宅を拝見しないとアドバイスはできませんが」と、くら子は軽い調子


で言った。


「そうですね。でも、あの、あんまりひどくて…どうしようもないんです」


「大丈夫。少々のことでは驚きませんよ。エジプトのミイラでも埋まって


いるなら話は別ですが」


 圭子は、一度大きく深呼吸をして、ゆっくりドアを開けた。


 暗い家だった。目の前には段ボールの壁があり、箱と箱の間は30cmほ


どの空間しかない。

 

まろみがヒェーと声をもらし、くら子に足を踏まれてウゥムと顔をしかめ


た。

 

玄関、廊下と、壁のすき間をクモ男のように手足を伸ばして横歩きで進


み、リビングらしき部屋に出た。


20帖はあるだろうと思われるリビングルームも衣装ケースや段ボールの山


で、あわてて片付けたらしいソファーの上だけが、かろうじてありのまま


の形を見せていた。


 こんなものしか出せなくてと、圭子はおずおずと缶コーヒーを差し出し


た。


 くら子はコーヒーを受け取り、一口飲んでから周囲を見渡して、どうし


てこんなに箱があるのでしょうかと訊いた。


 圭子はソファーの横の白い衣装ケースの上にちょこんと座って話し始め


た。 


 専業主婦で、家族の世話をすることが生きがいだったが、夫がブラジル


に単身赴任し、続いて娘と息子が大学を卒業すると、することがなくな


り、暇をもてあましてカルチャーセンターに通った。そこは女性の社交場


であり、毎回同じ洋服を着ていくことはできない。洋服に合わせたバッグ


や靴も欲しい。そして、もっともっとという悪循環が始まった。


 夫はプロジェクトが軌道に乗るまでは帰国できないといい、結局7年間


一度も帰国しなかった。なぜが電話やメールも通じないし、あちらに女性


がいるのではないかと疑心暗鬼になればなるほど、圭子はものを買った。


「箱の中は全部、洋服やバッグですか」


「食器や健康器具もあると思いますが…開けて見たことがないのです」と


圭子は肩をすくめ続けた


「なんだか、何をするのも面倒くさくなって、外にも出たくないんです。


食事は夜に近くのコンビニでお弁当やカップラーメンを買います。子ども


は…娘はカナダに留学して、そこで知り合った人と結婚して帰ってきませ


ん。息子はこんなゴミ屋敷にはいられないと、会社の寮に入っています」


「お電話で、離婚とおしゃってましたが、ご主人はまだブラジルですか」


 圭子は下を向いて、足もとの箱を軽く蹴った。


「いいえ、2か月前に帰国しました。今は会社の近くのマンションで暮ら


しています」


「どうしてマンションに?」


「主人はブラジルに行って40キロも太ったのです。だから…友達にもこん


なこと話せなくて・・・」圭子はわっと泣き崩れた。


 つまり、30センチのすき間が通れなくて家に入れない。これは物理的な


問題だ。しかし、本当の問題はもっと別のところにある。ひくひくとしゃ


くりあげながら圭子は続けた。


「息子も夫も捨てろって怒鳴るんです。でもせっかく買ったのに、もった


いなくて」


「家は何のためにあるのでしょう」


「…住むためです」


「そうですね、住むというのは、ただ雨露をしのぐことでなく、家族で食


べたり飲んだり、くつろいだりという、暮らしの上に成り立っています。


講座に参加されたのも、ご家族と普通の生活を取り戻したいと思われたの


ではないですか」


「はい」小さな声だった。


「講座に参加して、どう思われましたか」


「すっきりしたいと思いました。でもできないんです。いざ、箱を開けて


みると、これは、まだ着られるのにもったいないと考え、結局また箱に戻


してしまいます。それに疲れやすくて、段ボールの箱が重たくて…」


 ある精神科医は「捨てられない」というのは、ストレス過剰のシグナル


でもあるとしている。片付ける気力が出ないほどエネルギーが低下してい


るのである。


 くら子が手始めにソファーの横の箱を開けてみると、ブランドのタグが


付いた洋服が積み重なっている。一番上のシフォン地でピンクや淡いグリ


ーンの混じった花模様のLLサイズの洋服を広げた。


「このワンピースは娘さんのものですか」


「いえ、私のものです…昔はもっと太っていたので。一度、段ボールの間


にはさまれて動けなくなったので、やせなくてはと思い、1日2食にした


のです」


健康の問題は別にして、モノを捨てれば広い空間でシフォンのLLサイズ


のドレスを着て楽に暮らせるにもかかわらず、段ボールのすき間を通るた


めに1日2食にしてやせたという。今ではMサイズで入るだろう。そし


て、やせた今ではLLの服は着られないという矛盾にも気が付かない。


人間は追い詰められ、混乱すると、目の前の現実が見えなくなるのであ


る。


 きっかけは人により違うだろうが、だれもがこのような状況に陥る可能


性を持っているし、それを責められない。


「もうこのドレスは着られませんがどうします」


「捨てたほうがいいのでしょうね。でも、また太ったら…」


「太りたいですか。ダイエットをしてもなかなか痩せられない人が多いの


に。一番もったいないのは、着られない洋服で空間をふさいでいることで


はないでしょうか」


「そ、そうですね。頭ではわかっているんですが…やっぱり、ふんぎりが


つかなくて」


「それで私を呼ばれたのでしょう。どうします」


 圭子は2秒ほど考え、やります、なんとかしてくださいとくら子にすがり


ついた。


まろみは携帯電話で、リサイクルショップ「ひきとりや」の小渕に連絡


し、すぐ来てもらうことにした。


「ではまず、サイズの合わない洋服からはじめましょう」


「ひきとりや」の小渕は助手の瑠璃と、庭に積み上げた箱の中身を点検


し、リストを作成する。

 

洋服から始まり、箱が減っていった。不思議なもので、一度エンジンがか


かれば、スムーズに進む。


「ひきとりや」に引き取ってもらえないものは本人に捨ててもらうことに


した。


 山ほどあった箱や衣装ケースは、開けてみると、予想に反して中身はわず


かで、どうやら片付けるために次々と衣装ケースや段ボールの箱を買い足し


ていったらしい。


 神田邸は腕の良い大工が建てたようで、ものがなくなり、たまった綿ぼ


こりに掃除機をかけると、リビングに素晴らしい楢の木目のフローリング


が現れた。


「信じられない」と圭子は涙ぐんで部屋を見回した。


 3ヶ月後に圭子からK社に絵葉書が届いた。


「夫婦でメキシコ旅行中。毎夜、タコスにハマっています。また太りそ


う!」


別居中だった夫との関係が、海外旅行をするまで回復したのならそれで良


しとしよう。くら子は、圭子のファイルに絵葉書をはさみ、「終了」の


ボックスに収めた。

 




*元の原稿「片付かないから離婚」を短くするために半分削りました。


元の原稿から制作したのが「落語 老前整理 片付かないから離婚」DVD


です。


DVD『落語 老前整理 vol.1 「片付かないから離婚!」 』

収録内容(計32分) 

 【チャプター1】老前整理について ミニ講座
 (約10分)くらしかる 坂岡洋子

 【チャプター2】落語 老前整理 (約20分) 桂雀喜
  
     


DVDの一部をYouTubeでご覧いただけます↓

http://youtu.be/WSPXqmvIMp0

上の動画が見られない方はこちらから

→http://youtu.be/xVVWN_0nJfY


DVD 定価3000円+消費税 



 







「くらしかる」(HP2) ご案内 

 

 








「くらしかる」(HP1) ご案内 

   HP1ヘ      





   
 ◆「老前整理」は(株)くらしかるの登録商標です。無断での商用利用はお断りします。