10  撫子(なでしこ)ホームをつくります!  

       「わくわく片付け講座」がきっかけで決意しました




 古希を過ぎた姉妹のいさかいの原因は、松花堂の弁当箱だった。妹の七


本松かえでは、料理が得意で、長年自宅で近所の主婦を集め料理教室を開


いている。教えているのは和食中心のメニューで、料理を作ればそれを盛


る器が必要になる。そこで、かねてから姉のさくらが嫁いだ戸田家の松花


堂の弁当箱に目をつけていたが、言い出せなかった。


 姉夫婦に子供はなく、義兄が昨年亡くなり、一人暮らしになった姉には


松花堂弁当でもてなすような来客もない。さくらは元々料理が好きではな


く、夫が事業を営んでいた頃には仕出しや寿司の出前で来客をもてなして


いた。


 かえでによると、現在のさくらの食生活は近所のスーパーで総菜を買っ


てきて、パックのまま食べているそうである。そこで使われていない、使


われる予定もない越前塗一〇客の松花堂の弁当箱を欲しいと言ったのに、


姉はまだ使うからあげられないとけんもほろろだった。


 松花堂の弁当箱とは、30センチ四方の蓋つきの箱で、中は十字に仕切ら


れ、煮物、揚げ物、焼き物、刺身などと飯が盛りつけられ、名前の由来は


寛永時代の文化人、松花堂昭乗からといわれている。


 何度か、口げんかを繰り返したがそこは姉妹で、行き来が途絶えること


はなかった。


 かえでは偶然、料理教室の生徒(還暦を過ぎている)が参加したという


「わくわく片付け講座」の話を聞き、策を練った。


 姉を誘って、講座に参加し貯め込んだものを片づけるという名目で弁当


箱を手に入れようと思ったのである。自分で買えないことはないが姉のと


ころにあり、使われていないのになぜ買わなければならないのだ。


 世の中は環境だ、リサイクルだといわれているのに、もったいないでは


ないか。こうなったら、是が非でもあの美しい弁当箱を手に入れなければ


気が済まない。


かえでの頭には弁当箱に盛る料理の献立があれこれ浮かぶ。揚げ物は、き


す、車海老、あなご、刺身は鯛かヒラメ、煮物は…。弁当箱を墓まで持っ


てはいけないことを姉はわかっているのであろうか。それともわたしが欲


しがるから、意地になっているのだろうか。


 あんな欲張りと血がつながっているなんて信じられない。入院した時と


か、困った時だけ呼びつけて。いつも、「ごくろうさん」で終わりじゃな


い。譲る子どももいないのだから、せめて妹や姪に少しぐらい感謝の気持


ちを表して欲しいものだわ。


かえでは、渋るさくらを、メイクの話もあるからと、「わくわく片付け講


座」に連れ出すのに成功した。老前整理なんて言うと、縁起でもない私は


まだまだ元気なのだからと、怒るに決まっている。さくらは宝石や洋服、


化粧が好きである。




 「わくわく片付け講座」に参加した二人は、はた目には仲の良い高齢の


姉妹に見えた。


メイクの講座では、ありったけの高級化粧品を持ってきて広げ得意になっ


ているさくらに、周囲の者は唖然とした。かえでだけは、冷ややかに見て


いた。また、メイクの実習で一番熱心だったのもさくらであるが、トラブ


ルもあった。


隣に座った、40半ばの女性からの、「おばあちゃんでも化粧するんです


ね」というひとことに喰ってかかった。


「わたしはあんたのおばあちゃんじゃないんだから。年寄りは誰でもおば


あちゃんと呼べばいいと思って、バカにしてるよ。ちゃんと、戸田さくら


という名前があって、ほら、名札も『さくら』になってるのが見えないの


かい?」


「そんな、お年寄り…いえ、年配の方に、さくらさんなんて」


「どこがいけないんだい?」


「80になろうが、90になろうが、わたしは親からもらったさくらという名


前で呼んで欲しいもんだね。それになにかい? 80になったら化粧をして


はいけない法律でもできたのかい?」


「そんなことはないですけど…うちの母だって、もう七〇過ぎですけど化


粧なんかしてませんよ」


「化粧をするしないは個人の自由で、年は関係ないんだよ。そんな堅い頭


じゃ、あんたの子供は反抗して不良になるよ」


「ふ、ふりょう? 」


「非行少年のことだよ」


 かえではどこへいってもトラブルを起こすさくらに慣れていた。しか


し、さくらのいうことにも一理あると思うこともあった。


 メイクやパーソナルカラーの講座は無事終えたが、肝心の荷物の片付け


る老前整理について学ぶ時間をさくらは昼寝の時間と考えているようだっ


た。そして、年金や相続、エンディングの話になると2人はケンカを始め


た。


 姉は妹に、あんたはわたしの財産を狙ってこんなとこに連れて来たと喚


き、妹は、姉さんのことを思って連れて来たと泣く始末。他の受講者は、


また始まったという顔をして、半ば面白がって見ていた。さくらはここで


宣言した。


「決めました。わたしの財産は…わたしが死んだら…」


教室の話し声が止み、静かになった。


「日本からいなくなるかもしれないと言われている、メダカの救済に使っ


てもらいます」


 くら子もまろみも吹き出しそうになったが我慢した。


 メダカだってという、バカにしたようなつぶやきに、さくらは声を張り


上げた。


「ただし、わたしは120歳まで生きますから、それまでメダカが生きてい


るかが問題です。それでは、みなさん。お達者で」


 さくらは手を振り、上機嫌で出て行った。かえでも、くら子に一礼し


て、後を追った。 




 翌日の朝、パソコンでメールのチェックをしながらくら子がまろみに講


座のアンケートはまとまったかと尋ねた。


「はい、だいたい。しかしくら子さん、メダカのインパクトはすごいです


ね。メダカに遺産を残せるんでしょうかという質問も3人ありましたよ」


「アメリカではペットの犬に莫大な遺産を残した女性がいたから、日本で


もあり得ない事ではないかもね」


「だけど、メダカがいなくなるなんてあるわけないじゃないですか。そう


でないと、『メダカの学校』が歌えなくなりますよ」


 さあ、どうかなとくら子はパソコンで「メダカ」を検索して、絶滅危惧


種だとつぶやいた。


「なんですか? その、ぜつぜつって」


絶滅しかけているってことよと、くら子はパソコンの画面をまろみに向け


た。


「ほんとのことだったんですね。ふつうそんなこと知りませんよ」


「案外、本気かも。下手に遺産を残すよりメダカ基金でもつくった方がよ


いかもしれない」


「他人ごとだと思って。かえでさんの身にもなってくださいよ。あの調子


じゃあ、さくらさんはほんとに120歳まで長生きするかもしれません」


「わたしたちには関係ない話なのにね」


「確かに、結局さくらさんの膨大な荷物はちっとも片付かなかったん


じゃないですか」


「まあ、これはこれで良しとしましょう。さくらさんも120歳までには荷


物をなんとかするでしょう」


「その頃には、わたしたちが絶滅してますよ」


 これで、一件落着に見えたが…。




 半年後、戸田さくらから相談したいことがあるので、来て欲しいと電話


があった。


「何でしょうねえ。ご用件は? って聞いたのですけど、とにかく、来て


ちょうだいでした。くら子さんには心当たりがありますか」


「もしかして、老前整理をしようと思ったのかも」


「それなら、いいんですけどメダカの話だったらどうします?」


「メダカは担当しておりませんって、帰りましょう」


 戸田家は豪邸だった。敷地も広く、背の高い樹木が家を取り囲んでい


る。門柱のチャイムを押すとどうぞという声がして、門が開いた。庭を10


メートルほど歩くとエプロンをした家政婦が現れ、玄関で革のスリッパを


勧められて応接間に案内された。まろみは小声で、こんな大きなお屋敷は


初めてですね。迷子になりそうと、暖炉のある部屋を見回した。


 真っ赤なニットのワンピースを着てさくらが現れた。


「お忙しいところを、ごめんなさいね。先日はお騒がせしてしまって、申


し訳なかったわ」


「いえ、お気になさらないでください。ところで、ご相談ということでし


たが」


「わたしも『わくわく片付け講座』を受講して、いろいろ考えさせてもら


ってね。決心したの」


 さくらの夫は手広く不動産の事業をしていた。夫が亡くなり、会社は譲


渡したが、いくつかのマンションは所有している。そのマンションを、さ


くらのようなひとり暮らしの女性用の撫子(なでしこ)ホームにしたいと


いうことだった。


「老人ホームなんて、いやな名前でしょ。わたしたちの世代は大和撫子に


なりなさいと言われた世代だから、撫子ホームにしたの」


くら子とまろみは、この話はどこへ行くのだろうかと思いながら続きを待


った。


「妹のかえでは、わたしがケチでなんでも貯めこんでるとか、あれこれ言い


ふらしているみたいだけどね。ほんと、昔からうそつきで信用できなくて


おちおち死ねないと思ってね。あれこれ考えて、撫子ホームを作ろうと思


ったの。わたしもこの家を維持していくのは大変なのよ。見ればわかるで


しょう」


 失礼しますと家政婦が、ワゴンを押してきた。 ワゴンの上にはお茶の


用意がされている。


「そこで、くら子さんにお願いしたいのは、撫子ホームの企画やプロデュ


ースなのよ」


それは、といいかけたくら子を遮ってさくらは続けた。


「K社のホームページでくら子さんのプロフィールは拝見しました」


驚きが顔に出たくら子に、さくらは続けた。


「年寄りだから、パソコンができないって思ってたでしょ。ほら、顔に書


いてある。スマホも持ってるわよ」


くら子は頬が熱くなるのを感じた。


「話を戻すわね。くら子さんは『わくわく片付け講座』で中高年の女性の


サポートをしておられる。企画もユニークだし、ぴったりだと思ったの


よ」


「ありがとうございます。しかし…」


「シカは奈良公園で充分。さあ、佳乃さんがお茶を淹れてくれたから、冷


めないうちに召し上がってちょうだい。イチジクのタルトも焼き上がった


ところよ」

 

 ごちそうさまでした。とカップや皿を脇に寄せて、くら子は手帳を開い


た。




 「そこで、くら子さん、さっきの続きだけど、撫子ホームの組織は、法


人、つまり株式会社にしようと思っているの」


「あの、わたしにはさっぱりお話が見えないのですが」


「お金持ちの有料老人ホームなら、たくさんあるでしょう。わたしがつく


りたいのは、お金はたくさんあるけどわたしのように子や孫がいなくて譲


れない人、もしくは譲りたい家族がいない人。そういう人たちの集う場所


というか、生きがいづくりをしたいの」


「生きがいと申しましても…」


「実は計画書を書いたので、見てちょうだい」


撫子ホームは単なる老人ホームではなく、住居と隣接して職場を用意す


る。各自の資産の一部は専門家に運用を任せる。あとは、株主として、


「株式会社撫子」に出資する。


株式会社撫子には、撫子キッチン、撫子チャイルド、撫子ビューティ、撫


子カフェ、撫子ケアの五部門を作る。撫子キッチンは食堂とお弁当の宅配。


チャイルドは保育所。


ビューティはエステやヘアメイク、ネイルなどの美容部門、ただしここは


50歳以上の女性限定。撫子カフェは喫茶店で、コーヒーを一杯飲んでもら


えば、嫁の愚痴、舅姑の愚痴、介護の愚痴など、愚痴をきいてもらえる。


ここは、相談所でもカウンセリングの場でもなく、ただ、愚痴をこぼす井


戸端会議の場である。


撫子ホームの入居者であり、出資者は、それぞれ、働く場を選び、体調に


合わせて出社する。もちろん、すべての場に専門家を配置し、撫子たちは


お手伝いである。料理の得意な者はキッチンへ、子育てなら自信があると


いう者はチャイルドへ。美容に興味のある者はビューティーへ。人の話を


聞くならという撫子はカフェで仕事をする。撫子ケアは介護事業所である。


地域の高齢者介護を担うとともに、撫子の介護が必要になったときにはサ


ポートをする。


 撫子たちの報酬はわずかだが、株主としての配当を受け取る。また、ホ


ームであるマンションの一角には、歯科、眼科、内科、外科、整体などの


診療所に入居をしてもらい、地域医療と共に撫子たちの健康管理をする。


撫子たちは資産があっても使い途がなく、また、社会に役に立つことをし


たいと思っても、年齢を理由に活動できる場を与えられることは少ない。


そういう眠っている力と資金を社会の資産として生かそうという試みであ


る。



 株式会社撫子はNPOでもボランティアでもないので、事業として収益を


あげられるように運営していく。もちろん、法律や税金、経営などの専門


家も顧問として加わる。


 そして肝心なのは、入院すれば、医療や看護とは別に気の合った他の撫


子が身の回りの世話をする。また、寿命を全うして亡くなった場合に、希


望者には「撫子の墓」を用意する。これは共同墓地のようなものである。


 手続きとして、生前に弁護士立会いの上、遺言書をつくり、延命措置に


ついて、葬式はどうするか、誰を呼ぶかまで決めておく。もちろん、書き


換えは自由である。遺産は、特に指定がなければ撫子ホームに寄付され


る。ざっと、このようなことが記されていた。


 これは、さくらの夢物語なのだろうか。それとも本気でこの計画を立て


たのだろうか。


半信半疑のくら子を見透かしたように、さくらはにやりと笑った。


「ちゃんと、コンサルタントに相談して、採算がとれる見込みは立ってい


ます」


「そうですか。すごいプランですね。ひとつ質問させていただいてよろし


いでしょうか」


「どうぞ、なんでも」


「どうして女性のホームなのですか」


「理由は4つあります。第1に女性のほうが長生きであること。第2に女性


のほうが元気でエネルギーがあり自立していること。第3に男性が入ると、


たとえ80歳でも色恋のトラブルが発生するから。第4に女性のほうが頭が


柔らかく、順応性があること」


 おとなしく聞いていたまろみが、下を向いて、女性でも頭の堅い人はい


るけどなあとつぶやいたのをさくらは聞き逃さなかった。


「それはそうよ。でもね、まろみさん、資産を持っている男たちの多くは


会社の元社長だ、元なんとかだっていう人が多いでしょ。そういう人たち


は引退しても気持ちは社長や、なんとかのままのお山の大将なのよ。人を


動かすことはできても、いまさら自分が若い人の下で働くなんてとんでも


ないって思うわよ。それに仕事ばかりで、家事や育児、親の介護まで妻に


任せてきた人にゴルフ以外に何ができるっていうの?」


「はあ、そう言われれば、そんな気もしますが」


「それに、今の社会のシステムを作ってきたのは男たちなのだから、自分


たちのことは、自分たちで考えればいいのよ。くら子さん、ゆっくり考え


てちょうだいね。


具体的な仕事や報酬については、今週中にメールを送りますから。それを


見て、決めてちょうだい」


 戸田邸をあとにした二人は、さくらの毒気にあてられたような気がして


いた。


「くら子さん、どうします?」


「まだ、考えられない」


「そうですよねえ。しかし、スーパーおばあちゃんだ」


「おばあちゃんだなんて言ったら、怒鳴られるわよ」

 

ほんとだ、とまろみは首をすくめた。


「しかし、さくらさん、確か78歳でしたよね」


「そのくらいかな。でも、あのプランはすごいわよ。ひとり暮らしで資産


をもっていると、詐欺とかいろいろあるから不安を持っている人も多いと


思う。それに、ひとりで病気になった時とか認知症の不安、エンディング


の問題もカバーされてるから安心だし、なにより人の役に立つという生き


がいになるのがよいかもしれない」


「そうですねえ。しかし、なんとか財団とか、NPOでなくて、やっていけ


るのでしょうか」


「さくらさんの資産をかなりつぎ込むんじゃないかな」


「なるほど、でも資産には限りがあるでしょう」


「たぶんね。だけど、そのあたりもきちんと数字を出しておられるから話


をされたのだと思うわ」




 3日後、さくらからの書類が届いた。まろみと二人で目を通し、くら子は


どう思うと尋ねた。


「これなら、撫子ホームがオープンするまでは忙しいでしょうけど、あと


はなんとかなりそうですね」


「わたしもそう思う」


「しかし、『わくわく片付け講座』の時は居眠りしてて、遺産はメダカに


残すとかいってたのに、こんなことになるとは」


「きっかけになったのかもしれない。これも、老前整理の形のひとつだも


の」


「そうですね。無駄じゃあなかったわけか」


「そう考えることにしましょう。ところで、次の講座の案内はできたのか


しら」


「あっ、まだです。すぐとりかかります、今度はどんな人が来るか楽しみ


ですね。メダカの次はなんだろう?」

  




★この話をブログ小説に書いていた時は、「きっかけは松花堂弁当」とい


うタイトルでしたが、今回見なおしてポイントは撫子ホームだと思ったの


で、変更しました。




 







「くらしかる」(HP2) ご案内 


 


 























「くらしかる」(HP1) ご案内 


   HP1ヘ      




















   
 ◆「老前整理」は(株)くらしかるの登録商標です。無断での商用利用はお断りします。