22 、終活セミナーと老前整理

     

超高齢社会になり、考えなくてはいけないこと

  



「まろみちゃん、お多福屋の豆大福を買ってきたよ」


包みをぶらぶらさせながら、くら子が笑顔で外出先から戻ってきた。


「おかえりなさい。今日は豆大福デーですね」


えっ、とくら子の足が止まった。


「ひかるさんが妹さんと一緒に来られて、お土産に豆大福をいただきました」


「あら、まあ!」


 パーテーションで区切った応接コーナーにも聞こえたとみえ、クククと忍び笑いが聞こえ


た。


 ひかるの妹、九条綾乃は夫と九条葬儀社を営んでいる。夫婦に社員3人と、パートの女性7


人という規模である。大手の業者は立派な会館を建て、病院ともがっちり手を組んでいる。


綾乃と夫は大手に太刀打ちできないので、家族葬を中心に「まごころ葬儀」をうたってい


る。一度葬儀を行ってくださった方からは感謝されているが、職業上なかなか営業ができな


い。


そこでPRを兼ねて、公民館を借り終活セミナーを行っている。


 セミナーに参加するのは元気な高齢者と、葬儀に不安をもっている高齢者の家族である。


 葬儀について日頃なかなか聞けない事や実情を知ってもらうためである。また供養にもい


ろいろあり、墓の事や散骨などについても実例が紹介される。


このセミナーでは葬儀や墓で終わらず、老い支度の準備についての講義も含まれる。


 遺産相続について、一昔前なら遺言書は財産のある金持ちが作るものだという意識が強か


ったが現代ではそうはいかない。特にひとり暮らしの者にとっては重要なことである。うち


はお金がないからという人も多いが、お金は無くても家はあるという高齢者も多い。他にも


不治の病にかかった時の告知はどうするのか。一人で暮らせなくなった場合の選択は? 病


院で病が重篤になった時の延命治療を希望するかどうか。また今一番問題になっているのは


認知症で判断力が衰えてしまうことである。衰えてしまってからでは遅いので、このあたり


も法律の専門家から後見人制度についての紹介がされる。


 くら子への依頼はそこで老前整理の話をして欲しいということだった。


 最近ではひとり住まいの高齢者が亡くなると親族が遺品整理を頼むことが増えている。


家族にしてみれば遺品整理を頼むよりは、それまでに財産分与も兼ねて老前整理をして欲し


いというのが人情であろう。


 江坂康子のように家族の遺品整理をした経験から、自分自身が老前整理をしておこうと考


える人も増えている。


(16 叔母の遺品整理で人生の転機が! )


 綾乃の説明では話をするのは3月に1度ということだった。


 3カ月に1度なら何とかなるだろうと、くら子は承諾した。

 




 2人が帰った後、くら子は豆大福を頬ばりながらノートにペンを走らせていた。


「くら子さん、もう3つ目ですよ」


「お煎茶ちょうだい。思いっきり濃いのがいいわ」


  くら子は書類を読みながら、空の湯呑みを突き出した。


「夜、眠れなくなりますよ」


 次の日、くら子はまろみにこれを読んでと企画書の束を渡した。


「夕べこれだけ書いたんですかぁ〜」


「そう、おかげで豆大福がなくなってしまった」


「え〜っ、全部食べちゃったのですか」


 まろみは頬をふくらませ抗議のアピールをして脅した。


「知りませんよ。この前買ったブルーのスーツが着られなくなっても」


ダイエットしますと小声で答えて、くら子は立ち上がり大きな伸びをした。


 まろみは書類に目を通して顔をあげた。


「ほんとうにこれを1晩で書いたんですか? 恐るべし、豆大福」


 2ヶ月後、九条葬儀社の「終活セミナー」でくら子が「老前整理」の話をした。


定員30名に38名の応募があったそうだ。当日3名のキャンセルがあり、参加者は35人で3分


の2は60歳以上でこれは予想通りである。


 くら子が驚いたのは、20代、30代の参加者もいたことだ。男女比は女性が多く、男性が2


割くらいだろうか。


 講座の持ち時間は2時間だが、1時間半は整理の仕方、考え方、処分の方法などを話し、残


りの30分は質問の時間にして本の処分や、アルバムの管理法などの質問に答えた。


 たまたま先週の夜のテレビで「遺品整理屋」を主人公にしたドラマを放映したので、聞き


慣れない「老前整理」も受け入れてもらいやすかったようだ。


セミナーの翌日、九条綾乃が事務所を訪れた。


「くら子さん、昨日はありがとうございました。お陰さまでアンケートの結果も好評でし


た。次回もよろしくお願いいたします」


 綾乃が豆大福を置いて帰ったので、くら子は上機嫌だった。

 




「まろみちゃん、今回のことで終活のセミナーにも老前整理が必要な事を確信したわ。実はS


市で終活セミナーをするのに、老前整理の話をして欲しいという依頼が来ているの」


「どうしてS市がそんなことするのですか」


「以前S市で『覚書帳…老いに備える』つまり簡単なエンディングノートを作って配ったら反


響が大きかったらしいわ」


 『覚書帳…老いに備える』では基本情報として、緊急連絡先、いざという時の意思表示


(病名の告知、延命治療について、介護場所、介護費用、いざという時頼りたい人、葬儀の


希望、財産について、訃報を知らせてほしい人)などを書き込むようになっている。


 ひとり暮らしの高齢者が増えた今、離れて暮らす家族にとっても本人の意思を知ることは


重要である。またきちんと本人の意思表示があれば、行政も何かあった時に親族への連絡そ


の他の対処がしやすいということらしい。


 くら子が本棚から小冊子を出してまろみに渡した。


「『覚書帳−老いに備えて』ですか。エンディングノートよりネーミングがいいですね」


「そりゃそうよ。わたしが考えたのだから」


 まろみの手が止まり、冗談でしょという顔をした。


「ほんと。S市の市役所に知り合いがいてね。相談に乗って欲しいって言うから…」最後は


しどろもどろになった。


「また、ボランティアですね」


 感情がすぐ顔に出るまろみの太い眉がつり上がった。


「そんな事してるから、K社はNPOではありませんよと税理士の田内先生に叱られるんです


よ」


「はい、ごめんなさい」くら子はぺこりと頭を下げた。


 本当は反省なんかしてないくせにと独り言をいいながら、まろみは郵便物の開封を始め


た。


 くら子がパソコンに向かっていると、まろみが横に立った。


「さっきは言いすぎました。ごめんなさい」


「なにを?」


「S市のこと」


「ああ、ひとりぐらいK社の経済状態を真剣に考えてくれる人がいないとね」


「違うんです」


「郵便物の整理をしていたら、S市の講座依頼の書類を送ってきたのですが」


 立ってないで座ったらと、くら子が椅子をすすめた。


「中に担当の今里さんという方からのくら子さんあてのお手紙が入ってました」


「熱烈なラブレターだったとか…」


 まろみはぷっと吹き出し、そんな訳ないでしょと切り返した。


やっぱり、それでとくら子は椅子を回してまろみのほうを向いた。


「S市の話を聞いて、M市も同じ講座を開きたいのでくら子さんに相談したいから、今里さん


が紹介がてらM市の人と一緒に事務所に伺いますとのことです」


手紙を受け取って目を通しているくら子にまるみは話しかけた。


「こうやって仕事が広がっていくんですね。わたしったら目先の損得のことしか考えてなく


て…勉強になりました。なんだかK社の仕事はくら子さんの企画書通りに進んでますね。もし


かして超能力なんかあったりして…」


「あったら、こんなにバタバタと仕事をしてないわよ」


「それもそうです」まろみは素直に納得した。


「S市やM市以外にも依頼が増えたら忙しくなりますね。『わくわく片付け講座』も月に1回


だし、準備で目が回りそうです」


「まろみちゃんも、もっと豆大福を食べたほうがいいわよ」


 





老前整理の延長線上に終活があるのではないかと思っていますし、実際


エンディングセミナーで老前整理の話をしたことあります。




 








「くらしかる」(HP2) ご案内 


 


         









「くらしかる」(HP1) ご案内 




           HP1ヘ      
  




 
 ◆「老前整理」は(株)くらしかるの登録商標です。無断での商用利用はお断りします。