27 、柴犬と義父の家の片付け   

      柴犬を番犬に、義父の家は動物だらけで、息子の嫁はどうすればよいか




暑中お見舞い申し上げます。


くら子様、お変わりありませんでしょうか。


「わくわく片付け講座」を受講してはや三月。ようやく、モノが減ったと


実感できるようになりました。このように自宅はある程度片付いたので、


次は義父のところがなんとかならないかと思いました。


義母が五年前に逝き、一人暮らしの義父は幸いなことに元気で、合唱団や


将棋クラブに通っています。花を育てるのも好きで、通販で種や球根を取


り寄せて植えています。


先日、行ってみると玄関に柴犬がいます。といっても置物ですが、センサ


ーで近寄ると吠えるのです。義父に言わせると、春ごろに洗面所の窓のガ


ラスを割られたことがあったそうです。幸い泥棒が侵入した形跡はなかっ


たようですが、そこで、柴犬を置くことにしたそうです。


 確かに、生きている犬を飼うのは散歩も必要ですし、八十を越えた義父


にとっては置物のほうが良いと思います。


 ここまでは良かったのですが、家に入ると、オウムや猫や動物の置物が


あちこちにあります。廊下には亀の親子までいました。


 センサーで鳴くのもあれば、話しかけると答えるものもあります。(亀


の親子は鳴かずに、のそのそ動きます)


ショックでした。義父はこんなに寂しかったのだと思いました。


 事情を聞くと、種や球根の通販のカタログに動物の置物も載っており、


かわいいのでついつい買ってしまうそうです。捨てろともいえず、また、


一緒に暮らそうとも言い出せず、出された麦茶がやけに苦く感じました。


くら子さんが講座の中で、自分の家を片付けるより、親の家を片付ける方


が大変だとおっしゃっていた意味がやっとわかりました。また、無理に片


付けるなとおっしゃっていましたので、そのままにしています。しかし、


このままでいいのかという思いがついてまわります。そこで、お手紙を書


くことにしました。アドバイスをいただければ幸いです。


付け加えると、義母の荷物もまだ片付いていません。


よろしくお願いします。             大南君江



大南君江 様


拝復 お葉書拝見いたしました。


猛暑の続く今日この頃、お元気でお過ごしとのこと、何よりです。


講座を受講いただいて、もう三カ月が過ぎたのですね。


ご自宅が片付いたのは良かったですが、お義父様のことでお悩みとのこ


と、お察し申し上げます。


 アドバイスを、ということでしたが、このような場合これという決め手


はありません。


ご本人のお考えもありますし、時期にもよります。また、思い出を大切に


されている場合もあります。 


難しいこととは思いますが、ゆっくり時間をかけてお話をされ、少しずつ


片付けを手伝われるのがよいかと思います。できれば、思い入れの少ない


ものから始められるのが無難かと思います。これも、人により様々ですの


で、一概に言えません。


そして大切なのは「もの」よりも、お義父さまの安全や快適な暮らしだと


強調なさってください。床にものがあれば転倒する危険が増します。どこ


に何があるかわからないと必要な時に使えないでしょう。膨大なものを減


らすことにより、暮らしやすくなることを上手に伝えてください。この場


合、上から目線でおっしゃらないように、お義父さまのプライドを傷つけ


ないようになさって下さい。


ただ、片付けましょうとおっしゃるのではなく、そのモノがどうして大切


なのか、捨てられないのかを聞かれることだと思います。


そうすれば、たぶん若い時代の話や思い出を話されると思います。同じこ


とを何度も繰り返される場合もあるでしょう。しかし、その話はもう聞き


ましたとおっしゃらずに、聞いてあげて下さい。できれば、ご主人もご一


緒にされるのがよいかと存じます。


また、お義母さまの荷物に関して、お義父さまは何をどうすればよいのか


わからないのかもしれません。遺品は心の整理が出来ないと片付けられま


せん。この点も思い出話をしながらお義父さまの様子をみながら少しずつ


処分をなさってください。もしまだ心の整理が出来ておられないのであれ


ば、7回忌が節目になるかもしれません。このような機会を利用されるのも


よいでしょう。


 最後になりますが、急がず、それこそ亀のように少しずつとしか申し上


げられません。お役に立つアドバイスにならず、申し訳ありません。


それでは、暑さの折、ご自愛くださいませ。 敬具

 

                         松竹梅くら子


 





この話の元のタイトルは、「玄関の柴犬」でした。


さびしいから動物を飼いたいけれど、散歩やえさやりに自信がないので、


AIの犬を番犬代わりにしている義父の家を片付ける息子の嫁の話です。


3月29日のブログ −石黒 浩『人間とは何か』 ーで日本のロボットの第一


人者出演のラジオ講座「こころをよむ」の紹介と、高齢者とロボットについて書


きました。これから話し相手になるロボットが活躍する時代が来るかもしれませ


ん。





 







「くらしかる」(HP2) ご案内 




 


 























「くらしかる」(HP1) ご案内 


   HP1ヘ      




















   
 ◆「老前整理」は(株)くらしかるの登録商標です。無断での商用利用はお断りします。