28 、減築で新しい家族の物語をつくる(1)   

      豪邸に住む宮前家にも苦しい家族の歴史があった




  事務所のホワイトボードにマーカーで予定を書きこみながら、くら子


は言った。


「まろみちゃん、明日の二時に、戸田さくらさんの紹介でお客さまがみえ


るから、よろしくね」


「戸田さくらさんて、撫子ホームを作った、あのさくらさんですか」


(10、撫子ホームをつくります!)


まろみは一度さくらに、あなたの言葉使いはなっていないと叱られたこと


があり、苦手なのだ。


「さくらさんはお仕事の都合で来られないそうで、お知り合いのご夫婦が


みえるそうよ」


「よかった〜。さくらさんの前に出ると、また、変な日本語使っていない


かと緊張するからしゃべれなくなるんです」


そんなに気にしなくてもいいのにと、くら子はマーカーを置いた。


「それで、どんなご相談なんですか」


まろみが、くるりと椅子を回転させてくら子を見上げた。


「くわしいことはご本人から聞いてくださいということで、何もうかがっ


ていないの」


 翌日の午後、宮前夫妻が事務所を訪れた。


ロマンスグレイという言葉がぴったりの夫は、一見して仕立ての良さがわ


かるダークスーツで、妻は真っ赤なカシミヤのアンサンブルに真珠のネッ


クレスという熟年夫婦。


「戸田さくらさんのお知り合いということですが」


くら子の問いに、夫婦で一瞬顔を見合わせた後、妻のゆかりが答えた。


「はい、夫は宝石店を経営しておりまして、さくらさんはうちのお得意さ


まです」


「まあ、そうだったんですか。それで、ご相談というのは?」


今度は夫の隆志が答えた。


「今の家を減築したいと思いまして、そのために荷物の片付けをお願いし


たい。これがひとつ。もうひとつは、減築のアドバイスをしていただけた


らと」


 まろみがお茶を出して、くら子の隣に座った。


「減築とはどの程度のことをお考えですか」


「二階建てを平屋にしようと思っています」


 宮前夫婦には息子が二人いるが、どちらも宝石店を継ぐ気はなく、長男


は東京の医大を卒業して教授の娘と結婚し、世田谷に家を建てた。次男は


公務員で現在福岡にいるが、転勤族なので親元に戻ることはないだろうと


いうことだった。隆志は続けた。


「減築のことですが、長男の高校時代の友達の三井君が設計事務所をして


まして、依頼をしたのですが、彼はビルが専門で住宅を手掛けたことがな


いらしく、くら子さんにアドバイスをお願いできたらと、こうしてうかが


った次第です」


「わたくしでお役に立つことでしたら、お手伝いしますが、建築士の方は


それでよろしいのですか」


一般論だが、建築士は部外者が設計に口を出すことを好まない。


ゆかりは手を口に当てて、おほほとさもおかしそうに笑った。


「三井君たら、独身だし、料理もしたことがないんですよ。息子に言わせ


ると、三井のマンションはホテルみたいなもんで、寝に帰るだけだって言


ってましたの。彼には悪いけど、そんな人が作ったキッチンは、見栄えは


良くても使いづらいに決まっています」


 くら子の、さもありなんという顔を見て、ゆかりは調子づき膝を乗り出


した。


「実は、わたしのお友達がね、ある有名な建築家に設計を依頼して建てた


家が、ひどかったのです。いえ、見かけはよろしいのです。雑誌にもグラ


ビアで大きく紹介されました。でも、あちこち使いづらくて。そこの奥様


左利きなのです」


「右利きと左利きでは使い勝手が違いますからね」


 ゆかりは、くら子の答えに、わが意を得たりという顔でちらっと夫を見


た。


「そうなのです。建築家は自分の作品を作りたかったようです。だから


1000万もするドイツのシステムキッチンを入れたのに使い勝手が悪くて、


仕方なく、キッチンを作りなおそうとしたんです。ところが、その建築家


が、自分の作品をぶち壊すなと怒鳴りこんできて、大騒ぎで警察まで呼ぶ


始末でしたの。そのご夫婦は心労でまいってしまい、もう耐えられないと


言って、新築の家を売って引っ越されたのです。夫は、雑誌に紹介されて


いるような有名な先生にお願いしたかったみたいなんですけど」


 ねえ、あなたと、ゆかりは夫を横目に見て、続けた。


「だから、わたしは偉い先生に依頼するのに反対したんです。三井君な


ら、こちらも言いたいことが言えますし。それにわたしたち、年をとって


もあの家で暮らしたいと思っていますので、バリアフリーのこともありま


すし…」


 隆志が手にしていた湯呑み茶碗を置いて、腕時計を見た。


「ゆかり、このへんでもういいだろう。今日はご挨拶ということでうかが


ったのだから。あまり長居をしてはご迷惑だろう」


 その日は一日中、室内に香水の残り香が漂っていた。




 翌日、まろみはインターネットで「減築」を検索した。話には聞いてい


たが、具体的に減築するという話は初めてだったからだ。かなりの企業が


「減築」を宣伝文句にしている。


「ふ〜ん、けっこう減築しているんだ」


 まろみのひとりごとに、くら子が、何が? と聞いた。


「いえ、昨日の宮前夫妻の減築のことで、初めてだったから」


「そうねえ、まだ一般的ではないわね。でも、これから増えると思うわ


よ」


「そうでしょうか?」


「今の高齢社会を考えると、これからますます老人世帯が増えていくの


よ。頑張って子供たちのためにと思って建てた家に、子供たちは戻ってこ


ない。夫婦二人では広すぎる。だけど、長年のご近所の付き合いとか友人


もあるから、引っ越しはいや。それに、家もそろそろ古くなって修理の必


要がある。どうせなら、減築するほうが、耐震性も高められたり、冷暖房


費だって減らせるでしょう」


「そうじも楽ですしね」


「本音の部分では、それが一番だったりしてね」


 突然、まろみはパンと手を打って、チャーンス! と声を張り上げた。


「なによ、びっくりさせないでちょうだい」


 椅子から転げ落ちそうになったくら子に、まろみがもったいぶって言っ


た。


「だって、減築するには当然荷物を減らす必要がある。そこで登場するの


が『わくわく片付け講座』と『お片付けサービス』ですね」


「優秀なスタッフがいてくれて、涙が出そう」くら子は目をぬぐう真似を


して下を向いた。


「うそばっかり、ホントは笑ってるでしょ」


まろみが腕を組んでくら子に向き直った。


クククという小さな笑いが次第に大きくなり、くら子は目に涙を浮かべて


いた。


 10日後、くら子とまろみは宮前邸に向かった。 


高い石塀と樹木に囲まれた豪邸を見上げて、まろみがあんぐりと口を開け


た。


「やっぱり、宝石屋さんってもうかるんですね。こんなお屋敷、初めてみ


ました。実は宝石店は仮の姿、密輸をしているギャングの親分とか」


まろみはきょろきょろあたりを見回した。


 ばかねえと、くら子はまろみの腕を軽く叩いた。


「お店といっても、会員しか入れないらしいの。ウインドウがあるような


お店を構えているのではなくて、高級マンションの一室で一日に一人か二


人のお客様に宝石をお見せするらしいわ」


「それで、商売になるのですか」


「なるからこんなお屋敷に住めるのではないの? お得意様はいわゆるハ


イソサエティの方々らしい。扱っている宝石もそこらのお店と桁が違うみ


たい。マンションが買えるくらい値段の指輪やネックレスを、これいただ


くわって、ぽんと買うんだって」


「アンビリーバボー」


まろみは大げさに両手を広げた。


「信じなくてもいいけど、世の中にはわたしたちの知らない世界がたくさ


んあるってことよ。それより、わたしたちは仕事をしましょう」


 インターホンで名乗ると、どうぞという声がして、ぎぃーっと門があい


た。




  宮前ゆかりは、笑顔で二人を迎えた。


 玄関には大きなクリスタルの花瓶からあふれるほどのカサブランカが活


けられ、強い香りを放っていた。応接間までの長い廊下の壁にはギャラリ


ーのように絵がかかっていた。


 シャガール、マチス、ピカソ、クレーと、美術館でしかお目にかかれな


いような画家のリトグラフやデッサンの小品が並んでいる。


 案内された応接間の天井にはクリスタルのシャンデリアが輝き、床には


絹の絨毯が敷かれ、白い革張りのソファーが中央に半円を描いて置かれて


いた。


 壁には大きな暖炉があり、反対の壁は一面天井までの収納で、ガラスの


扉の中には、アンティークのオルゴールやビスクドール、マイセンの磁器


の人形などが飾られていた。


 ソファーを勧められて腰をおろしても二人は落ち着かなかった。


 お茶の用意をしてきますのでと、ゆかりが姿を消した途端に、まろみが


きょろきょろと見回した。


「ここは美術館みたいですね。泥棒が入ったらどうするのでしょう」


 くら子も同じようなことを考えていたので、苦笑して答えた。


「これだけのおうちだから、セキュリティは万全でしょう。それに保険も


かけてあるだろうし、まろみちゃんが心配しなくても大丈夫よ」


 まろみがサイドテーブルの上の白い胡蝶蘭が本物かどうか調べている


と、ゆかりが優雅な象嵌を施したワゴンを押してきたので、あわてて座り


なおし、膝の上に手を置いた。


「ごめんなさい。今日は手伝いの人がお休みなもので」


 ゆかりはソファーに合わせた楕円形のガラスのテーブルに慣れた手つき


でティ―ポットやカップを並べ、最後に砂時計を置いた。


 皿に乗ったウィーンのケーキ、クグロフを見て、まろみがごくんとつばを


飲み込んだので、くら子に肘でつつかれ、わかってますとうなずいた。

 

スピーカーは見えないが、室内には会話の邪魔にならない程度の静かな音


楽が流れている。


「さくらさんから、お2人が甘いものがお好きだとうかがってますのよ」


 砂時計の砂が全部落ちたのを見て、ゆかりが楽しそうに、紅茶を注ぐ。


「さあ、どうぞ。クグロフがお口に合いますかどうか」


合います。合いますというまろみのつぶやきに、ゆかりは微笑んだ。


「先日は肝心のお話ができなかったもので、ごめんなさい。それに、一度


家の様子も見ていただきたかったものですから。冷めないうちにどうぞ、


お話はその後で」


 サロンのお茶会とはこういう雰囲気なのだろうかと、くら子はダージリ


ンの紅茶を味わった。確か、クグロフはマリー・アントワネットの好物だ


と聞いたことがある。くら子は優雅なサロンを思い浮かべながらバターた


っぷりのケーキを口にし、うっとりした。




 おいしいお菓子と紅茶の至福の時間を終え、くら子とまろみはビジネス


モードに切り替えるために、カップを脇に寄せ、手帳を広げた。


「減築して平屋にされるということですが、設計はどの程度すすんでいる


でしょうか」


くら子の問いに、ゆかりは手を振って答えた。


「まだ、まっ白です。それで、これからくら子さんたちに加わっていただ


いて、三井君と話をしたいと思っています」


「そうですか。まだ他のお部屋を拝見しておりませんが、高価な美術品の


コレクションをしておられるようですが」


「ええ、この部屋にあるのは一部です」


 くら子とまろみはぎょっとして顔を見合わせた。


「ほとんどは2階にありまして、1部屋をコレクションの部屋にしておりま


す。あと、図書室には、外国の本や石ころがたくさんあります」


  石ころ? とまろみがつぶやいた。


「あら、ごめんなさい。主人に言わせると貴重な本や鉱物だそうですが、


わたしにはただの汚い石ころにしか見えないものですから」


 ほほほと笑いながら、ゆかりは続けた。


「主人はK大学を卒業後、ケンブリッジに留学し、美学や美術史を学ぶうち


にジュエリーに興味を持ったそうです。日本でジュエリーが美術館で見ら


れるようになったのは最近のことですけど、欧米では長い歴史があります


からね」


 ゆかりは、まろみの耳の小さなルビーのピアスに目を留めた。


「まろみさんは、かわいいピアスをしておられるけれど、日本でも古墳時


代に素敵なピアスをしていたのをご存じ?」


えっ、そんな昔にですかと、まろみは驚いた。


「そうなのよ、信じられないでしょうけど、5、6世紀の頃にはハート型の


耳飾り、今でいえばピアスがあったのよ。それも男性がつけていた」


「クールですねえ」


クール? なるほどねえという表情で、ゆかりは続けた。


「まろみちゃんのいう日本のクールな耳飾りは7世紀ごろまでで、その後、


流行するのは第二次世界大戦後なのです」


 2人はゆかりのジュエリーの話に引きこまれた。


 グランドファーザーズ・クロックが時を告げ、くら子はハッとした。ゆ


かりも気がついた。




「あら、ごめんなさい、わたしったら、余計なことばかりお話しして」


「いえ、とんでもない。消えたネックレスの話はこの次にお聞きしたいで


す」


 ビジネスモードに戻って、くら子は聞いた。


 「一応確認のためにお尋ねしますが、これだけのお屋敷で、貴重な美術


品などをたくさんお持ちです。二階建てが平屋になるということは、単純


に考えて空間が半分になることですから、持ち物もそれ相応に減らしてい


ただくことになりますが、よろしいのでしょうか」


「ええ、その点は2人で話し合いました。夫が長年かかって集めたものです


し、わたしもそれなりの愛着があります。それを簡単に手放す気にはなれ


ませんので、小さな美術館を開設して、そこで一般の方に公開できればと


思っております。残念ながら、息子たちは夫の仕事を継ぐ気はありません


ので、店は同業の方にお譲りして、美術館で、先ほどお二人にお話したよ


うなジュエリーの話ができればね」


「さっきのは予行演習ですか?」


まろみの無邪気な問いに、ゆかりは楽しそうに笑い声をあげた。


「それで、美術館の方はどちらに?」


「さくらさんのお知り合いが古い洋館に住んでおられたのだけれど、ひと


り暮らしが無理になったから、さくらさんの撫子ホームに入居されたの。


それで、残ったお屋敷をどうするかということで、さくらさんからご相談


があってね。わたしたちも美術館なんて考えたことも無かったのだけれ


ど、これは元々さくらさんのアイデアなのよ。くら子さんならおわかりで


しょう」


さくらさんはアイデアウーマンですからとくら子はうなずいた。


 くら子とまろみは、屋敷を案内された。


 図書室の二面の壁は天井までの棚で、一面には本がぎっしりと並んでい


た。


ほとんどの本は外国語で、ハガキ大の大きさの本から、革の装丁の箱のよ


うな本まであった。


窓際には大きな机が置かれ、二台の顕微鏡と、四角い機械が載っていた。


もう一方の壁にはたくさんの箱が納まっていた。


 くら子は子どものころに見た、羽を広げた蝶々がピンで留められていた


木製の標本の箱のように見えた。


「こちらは鉱物や化石なんです」ゆかりは、箱の一つを棚から抜いて、机


に置いた。木箱の上部はガラスがはまっており、きちんと区切られた中に


は石が並んでいた。


ピンクの石には学名と共に日本語でロードナイト―マダガスカルと几帳面


な字で書かれた小さな紙が添えられていた。


「これ全部石なのですか?」


丸い目をさらに丸くしてまろみが聞いた。ゆかりは肩をすくめて、たぶん


と答えた。


まろみは、熱心に棚の箱の中をのぞいていた。


「ここにアメシストという、ごつごつした塊があるんですけど、あのアメ


ジストですか」


「そうよ。確か二月の誕生石だったと思うけど。ギリシャ語で『酔わな


い』という意味で、昔は酔い止めのお守りとして使われていたそうだけ


ど」


まろみの、わたしもアメジストの酔い止めが欲しいなあという声に、くら


子が調子に乗らないでと、ストップをかけた。




 次に案内されたのは書斎だった。


こちらは二面の壁が収納庫で、図書室と同じように窓際に机があり、その


横に三台のスチールのファイルボックスや大きなワゴンが置かれていた。

 

鍵のかかった収納庫の中は、大小の引き出しが並んでいた。


 ゆかりは引き出しの一つを抜いて、光のあたる窓際に持って行った。


黒いビロードの内張りをされた引き出しには、光を受けて輝く二個のブロ


ーチがあった。


左側には、三尾の金色のタツノオトシゴのまわりに、水の泡に模した丸い


部分に白いオパールがはめ込まれた、まるで水中のような様子を表してい


るブローチ。


右側には、緑の羽根のトンボで、頭の部分は人間の女性の上半身がかたど


られている。


 これはどちらもルネ・ラリックの作品ですと説明するゆかりの言葉は、2


人の耳には入らなかった。くら子はふーっとため息をつき、隣のまろみを


見ると、じっとタツノオトシゴを見つめている。


「まろみちゃん、よだれが垂れてる」


えっと、まろみはとっさに口の端を手でぬぐった。


冗談よ、とまろみの肩を叩き、くら子はゆかりに向き直った。


「美術館になれば、こういうすばらしい作品がわたしたちにも拝見できる


ようになるのですね」


「ええ、さくらさんが個人のコレクションとして眠らせておくより、公開


すべきだとおっしゃってね」


「わたしもそう思います」


 2階の夫婦のクロゼットは小さなマンションが1つ入るくらいの大きさだ


った。ゆかりがドアを開けて2人を通した。


 洋服のコーナーが1番大きく、端の扉を開けると、パーティー用のスパン


コールのついた黒いイブニングから、まるで芸能人かと思うようなシック


で美しいドレスが並んでいた。


それを見た途端、きゃーとまろみは踊りだしそうな勢いである。


「外国で大使館のパーティやレセプションに出席するのに必要なのです。


それに、ジュエリーの仕事をしている以上、それなりのものを身につけな


ければおかしいでしょ。というのは、表向きで、わたし自身がおしゃれが


好きで、着飾るのが楽しかったのよ」


 ゆかりは次々と扉を開けていく。


「ここは帽子のスペース、実用的でないものもあるけれど、これもわたし


の趣味」


100以上はあると思われる色とりどりの帽子の箱にくら子は思わず聞い


た。


「これは全部海外で誂えられたのですか」


「ほとんどがそうね。日本でも10年くらい前はオーダーのおしゃれな帽


子を作ってくれるところがあったけど、職人さんが年を取ったのと、帽子


をかぶる人が減って、お店が消えていったのはとても残念」


「でも、最近若い人向けの帽子のお店ができていますよ。ねえ、くら子さ


ん」


まろみのことばにそれは少し違うだろうと思いつつ、くら子は黙って帽子


の箱を見つめた。


 ゆかりが1つの箱を開けると、ラベンダー色の薄紙の中から黒い花が現れ


た。


大きなコサージュという感じで、オ―ガンジーとサテンの花弁を囲むよう


にレースが取り巻いている。


「まろみさん、これはトークとかヘッドドレスとよばれているのだけれ


ど、素敵でしょ」


「わ、わかりました。こんな、お、お帽子はどこにも売っておりません」


 バッグや靴が、整然と並べられた棚を前にして、くら子は、美術館へ移


すものと、屋敷に残すものを分けることが第一の仕事だと思った。デジカ


メで撮影し、アルバムも作っておいた方がよいだろう。そして、念のため


に聞いた。




「あの、他にもコレクションをお持ちですか」


「あとは、食器だけです」


くら子は平静を保とうとしたが、声はほんの少し震えていた。


「どちらにありますか」


「ダイニングの横の小部屋に、海外で買ってきた食器がありますの」


「リビングの棚とは、もちろん別ですね」


「ええ、外国からのお客様をもてなす時には、その方のお国の食器を使う


のが良いかなと思いまして」


「何カ国くらいの食器があるのですか」


「さあ、数えたことがないから…」


 くら子の普段の仕事なら、ざっと家の中を拝見して、荷物の量を確認


し、段取りを決めるのだが、今回はまるで勝手が違い美術館のツアーのよ


うだと思った。


しかし、こういう経験は度々できるものではないので、ゆかりのペースに


合わせていこうと思った。


「ひとりでしゃべって、のどが渇いたわ、少しお待ちいただけます?」


 ゆかりが席を外している間に、まろみも手洗いに立ち、興奮して戻って


きた。


「くら子さん、ここのおトイレはうちのリビングくらいの広さがあります


よ」


 2人でトイレのタイルの話で盛り上がっているところへ、ゆかりが長手盆


に日本茶の用意をして現れた。


「おいしい宇治の新茶をいただいたので、ご一緒にと思って」


  添えられているのは厚切りの羊羹。一目で老舗の和菓子屋のものとわ


かる。


 まろみがくら子にそっとささやいた。


「羊羹って、こんなに厚く切るものなのでしょうか。わたし、カルチャー


ショックです」


「ほんとに、びっくりすることばかりね」


 ゆかりがゆっくりと小さな茶器に新茶を注ぎ、錫の茶托にのせて二人に


勧めた。


「紅茶やコーヒーも美味しいけれど、この頃は日本のお茶が一番だと思う


ようになって、年のせいかしらね」


「わたしたちも日本茶は大好きです。ねえ、まろみちゃん」


まろみはニッと笑って、はい、羊羹はもっと好きですと答え、ゆかりが爆


笑した。




 ダイニングに隣接した部屋の食器棚のガラス扉の中には、大量の食器が


収納されていた。


 ウェッジウッド、マイセン、ヘレンド、エインズレイなどの洋食器に、


繊細なカットが施されたバカラのグラス、クリストフルのカトラリー。中


華料理のセットに、和食器も山ほどあり、魯山人の器もあるようだ。


引き出しには白から始まって赤、緑、オレンジなどのテーブルクロスとナ


プキンがアイロンをかけられて出番を待っているのだろう。


 くら子は個人の住宅でこれほどの食器を目にしたのは初めてだった。


「ゆかりさん、減築しても外国のお客様のおもてなしをされるのですか」


「いいえ、食器は2ピースくらい残して、後は息子の嫁たちが欲しいと言え


ば譲ろうと思っています」


 まろみはガラスの向こうのジノリのカップをのぞきこんだ。


「あの、これジオ・ポンティのデザインじゃないですか」


よくご存じねとゆかりは驚いた。


 まろみの趣味は、ミステリーの読書と食べ歩きに加え、デパートの食器


売場をのぞくことである。


「本物を見るのでは初めてです」まろみは興奮している。


 どうやら、これらの食器もかなりの価値あるコレクションである。


「お好きな方には価値があっても、料理や食器に興味のない人にとって


は、ただのガラクタだから。長男の嫁は眼科の開業医で、次男の嫁も公務


員なの。2人ともお料理はあまり好きではないみたい」


ゆかりの言葉には、残念そうな響きがあった。


「今、アガサ・クリスティーの『葬儀を終えて』を読んでるんですけど、


遺産相続でスポードのデザートセットを誰がもらうかでもめていましたけ


ど」まろみの目は輝いている。


この小説は遺産相続の話で、欧米では高価な食器や銀器は相続の対象とな


る。これらはもちろん、棚に飾っておく美術品ではなく、日常もしくはハ


レの日に使う食器であり、家族の思い出もそこに重なる。また、このよう


な洋食器のメーカーは何十年も同じ柄を作り続けているので、皿が一枚割


れれば、同じ柄を買い足すことができる。だからこそ、子から孫へと使い


続けることができるのである。


「まろみちゃん」くら子はたしなめた。


                       





アガサ・クリスティーはご存知だと思いますが、ジオ・ポンティーはイタリアの建築


家、インダストリアルデザイナーで雑誌「ドムス」を創刊したり、イタリアの食器の


ブランド ジノリでアートディレクターもしていました。


私が一番好きな作品はトネリコ材の超軽量の椅子「スーパーレッジェーラ


699」です。1957年に製作され、現在もカッシーナ社で販売されている、すば


らしい椅子です。





 







「くらしかる」(HP2) ご案内 




 


 























「くらしかる」(HP1) ご案内 


   HP1ヘ      




















   
 ◆「老前整理」は(株)くらしかるの登録商標です。無断での商用利用はお断りします。