19 、ゴミ屋敷の男やもめプロジェクト 

     男やもめにうじが湧くのを阻止するために立ち上がったエンジェルとは?

   



 K社の事務所に4人の来客があった。


半年前に「わくわく片付け講座」を受講した御堂翔子と夫の博之。御堂夫


婦と「インターネット茶屋」を経営している神童実と田嶋雄二だった。


(18「卒婚のために人生の棚おろし」に登場)


 女性の来客が多い応接コーナーに男性が3人座ると、急に部屋が狭くなっ


たように感じる。


 条件反射のように名刺を差し出した男たちを、翔子が苦笑しながら紹介


した。



「今日は付添で来ました。3人で行けばいいって言ったんですけど、どうし


ても一緒に来いというもので、小学生じゃあるまいしね」


「ええと『インターネット茶屋』はうまくいっているということで、翔子


さんからお聞きしていましたけど、お揃いでお越しいただいたのはどうい


うご用件でしょうか」


 御堂博之が、おほんと咳払いをしてから口火を切った。


「実は男性向けの片付け講座開催のお願いと、もうひとつの企画にお知恵


を拝借できないかと思いまして」


「男性向けの片付け講座ですか。また、どうして?」


 野球帽を手にしている神童が、それはわたしが説明しますと続けた。


「松竹梅さん、いえ、くら子さんでしたね。女性を名前でお呼びするのは


何だか照れ臭くて…そんな話はさておきまして、実はわたしたちの共通の


友人の鴨田のことなんですが」


 鴨田敬三は長年務めた繊維会社を定年退職し、現在無職である。妻を5年


前に亡くし、娘は北海道へ嫁に行き一人暮らしだ。暇なもので毎日開店と


同時に「インターネット茶屋」に来て閉店までパソコンに向かっている。


家にはパソコンがあるのだが、なぜそうなったのかといえば、帰りたくな


いからである。妻が亡くなってから掃除をしたことがなく、妻の遺品の整


理もしていない、というより辛くてできないのである。そして自らがゴミ


屋敷と呼ぶほどになってしまった。


 そんな自分が情けなく、女々しい気がして外を出歩いている。


弁当を買いに行った帰りに、偶然「インターネット茶屋」をのぞき、20年


ぶりの再会となった。


「他にも似たような人がいまして『男やもめにウジが湧く』の言葉通り、


カビやキノコの生えた家に住んでいるようです。しかしこういう輩に限っ


て、片意地で人に助けてもらうのを拒むもので、我々も手が出せない状態


なのです」


 くら子が男性向きの片付け講座を開かなかったのは、女性と男性では片


付けの考え方も、状況も違うからだった。神童の話のように男性の場合は


社会からも孤立している場合が多く、またこのような講座に参加しようと


いう発想も無かった。


 友人や家族からの援助さえ拒む人を無理やり引っ張りだすことはできな


いと思っていたからだ。


「少し、考えさせてもらえませんか」


くら子は気軽に引き受けられることではないと思った。


 神童は頷いてではもう1つと、次の相談に移った。


同じように、ひとり暮らしの男性向けの料理教室を兼ねた食事会を開きた


いとのことだった。




「男性向けの料理教室なら、最近は色々あると思いますが」


くら子は首をかしげた。田嶋がじれたように付け加えた。


「いや、料理が中心ではなくて人と話をしながら食べることが目的なんで


す。ついでに簡単な料理も覚えられれば一石二鳥」


「つまり、コミュニケーションの場ですか」


3人はそうですそうですと声を合わせた。


「鴨田もそうですが、朝昼はパンやカップラーメンで、夜はスーパーで弁


当や総菜を買って帰るようなのですが…」


「実は、今の店の隣の酒屋が廃業の危機でして…」


 くら子の驚いた顔に、御堂博之がこのご時世でして、ビールや酒が売れ


ないそうですと答えた。


 椅子が足りなくて、隅で折りたたみ椅子に座っているまろみが素っ頓狂


な声をあげた。


「お酒もビールも売れなくて、酒屋さんは何を売っているんですか」


 博之がこちらの話の責任者らしい。


「それが、都会で出回っていない小さな酒蔵のうまい焼酎だそうです。そ


ういう焼酎は量販店やスーパーでは売ってませんから」


 そういえば、昔の御用聞きのように酒屋がビールや醤油を配達すること


も無くなった。今はスーパーや量販店、果てはコンビニで何もかも買える


のである。


「それで隣の店は焼酎だけ売るカウンターを残して、あとは食堂という


か、料理教室というかそういうものにならないかと思ってご相談にうかが


った次第でして」


翔子がしびれを切らした。


「ほんとに、じれったいわね。くら子さんには確かお友達に料理研究家が


いるとまろみさんからうかがっていましたので、その方に料理の指導をお


願いできないかということなのです」


「ご紹介はしますが、引き受けてもらえるかどうか」



くら子は美知が世界の料理や介護職の料理教室を開きたいと言っていたの


を思い出した。


「そういえば、まろみちゃんはミッチー先輩の料理教室の生徒になるって


言ってなかった?」


「はい、そうなんですけどどうも企画倒れのようで…お料理はうまいんで


すけどねえ」


まろみは残念そうだ。


「それならいけるかもね」くら子はほくそえんだ。


 博之が身を乗り出して「やもめ食堂」というのはどうでしょうと提案し

た。


それはストレートすぎるとか、似たような名前の映画があったとか、口々


に好き勝手なことを言い出した。くら子が立ちあがって一同を見まわし


た。


「わかりました、では問題を整理しましょう。ちょっと待ってください


ね」


まろみも手伝って事務所の隅からキャスター付きのホワイトボードを引っ


張り出した。


「この企画は料理教室ですか、それとも食堂ですか?」


3人の男たちは顔を見合わせた。食堂だよな、そうそう、食堂だけど料理も


するんだ。


 くら子はホワイトボードに大きく○○食堂と書いた。


「それでは、これは『男やもめプロジェクト』ですね」


くら子の言葉に、男たちは背筋をすっと伸ばした。


長年のサラリーマン時代の経験で『プロジェクト』という言葉に反応する


らしい。これは良い兆候だ。


「ではまず、なぜこのプロジェクトが必要なのでしょう」


神童が手を挙げた。


どうやら『プロジェクト』から、昔の会議の習慣が蘇ったらしい。


「鴨田をはじめとした、ひとり暮らしの男性に活気を取り戻して欲しいか


らです」


田嶋がそうなんだよなあ、ほんと、しょぼくれちゃってとつぶやいた。



翔子が手を挙げた。


「それに、食生活に問題があります。カップラーメンやお弁当では野菜が


足りませんよ。今は良くても、食生活の問題は3年後、5年後に体の異変に


現れると思います」


「刺激のない生活を送っていると、早くボケるって聞きましたよ」


まろみの放ったひとことに一同は黙り込んだ。


「それでは、活気を取り戻すにはどうすればよいでしょうか」


そりゃあ、生きがいとか世の中の役に立つことですよと、自身の経験から


翔子は答えた。


「ロマンスがあれば、いっぺんに元気になりますよ」


まろみの願望に、博之がそれもいいなあと呟いたので、翔子ににらまれ


た。


くら子は苦笑して、ロマンスに年齢は関係ないですからねと続けた。


「このプロジェクトは皆さんが運営なさるのですか、それとも酒屋さん


が?」


「我々です。酒屋のご夫婦に家賃を払ってスペースを借りる形にできれば


と思っています」




 くら子はホワイトボードに検討する点を書いていった。集客、宣伝方 


法、利用料、会員制? 日程、時間帯、回数、運営スタッフ、組織、男性


限定? 予算、設備投資、収益性…。


 男たちは手帳にメモを始めた。


「このあたりのことは具体的に詰めないといけませんね」と博之が頭をか


いた。


「そうですねえ、『インターネット茶屋』と同じように、事業計画が必要


かもしれません」



 カフェや雑貨の店を開きたいという女性の多くは夢を語るのに忙しく


「事業計画」というと黙り込むが、長年会社で予算や売り上げの計画を立


ててきた男性には抵抗がないようだ。


 4人が宿題を抱えて帰った後、くら子もまろみもソファーにへたり込ん


だ。


「男やもめお助け隊みたいですね」


 まろみのつぶやきにくら子は苦笑した。


「お友達の鴨田さんや、元気のない男性陣にハッパをかけたいんでしょう


ね」


「なんでおひとりさまの女性は元気で、男性は元気がないのでしょうか」


「よくわからないけど、男性は仕事中心で、ご近所とか、友達とか、会社


以外の付き合いがないからかもしれないし…女性より社交性がないなのか


もしれない」


「社交性?」まろみは首をかしげた。


「ある意味、肩書がある会社の中での内弁慶かな」


「でも、バリバリ仕事をしてきた人たちでしょう」


「会社で部長だとかなんだとか、肩書を演じて仕事の話はできるけど、1人


の人間としてどういう役をすればいいのかわからないのかも」


「そんなもんですかねえ」


「本当のところは本人にしかわからないんじゃない。いや、本人もわから


ないから戸惑っているのかも」


「ところで、翔子さんのお土産のお菓子があるんですけど、お出しするの


を忘れていました」


「まあ、それを早く言ってよね」


 まろみが白い箱を開けると、オレンジの香りがふわっと広がった。


「おいしそう。紅茶を入れますね」


 オレンジの酸味と程よい甘さのふんわりしたスフレは極上だった。


「これ、翔子さんの手作りみたいですね」


フォークを入れると柔らかい生地がきれいに切れる。


「きっと『インターネット茶屋』でお茶と一緒に出してるのよ。さすがだ


わね」


「ほんと、翔子さんは貫禄が出てきましたねぇ」




 ノックと共に事務所のドアが開き、こんちは〜と大きな声がした。


うわっ、ミッチー先輩だ。くら子はまろみに目を向けた。


「いや、あの美知さんから近くに来ているってメールをもらったので、事


務所に来ませんかと返信…して」


まろみは肩をすくめた。


「それならちょうどいいわね、男やもめプロジェクトの話をしてみましょ


う」


 ソファーに座った美知は、何を食べたの? と訊いた。


「ほんと、先輩の鼻はごまかせませんね。オレンジスフレです。まろみち


ゃん、一切れお持ちして」


 くら子の言葉を待つまでもなく、まろみはお茶の用意を始めていた。


 美知はくら子の学生時代の部活の先輩で、料理研究家である。


(8、レシピが見つからない 登場)


 料理教室の話をすると、美知は興奮し大きな体を揺らした。


「いいじゃなぁい。ところで男やもめって幾つぐらい?」


「そうですねえ、50代から60代というところでしょうか」


 くら子は実際より10歳ほどサバをよんだ。


美知はキャットフードを前にした猫のように喉を鳴らした。


「いえ、まだ決まったわけではないのですが、こういう企画があるという


ことでご相談を…」


「くら子に頼まれたら、いやとは言えないでしょ」


嘘ばっかりと思いながら、くら子はそうですねと答えた。


 お待たせしましたと、まろみがオレンジスフレを持って現れた。美知の


腹がキューと鳴り、スフレは三口でなくなった。


「スフレって、簡単そうでうまく膨らますのにこつがいるのよね。これ手


作りでしょ。2人が作ったとは思わないけど、レシピくれない?」


くら子は聞こえないふりをした。


「ところで先輩、『ミッチーのぐるぐるクッキング』はどうなりまし


た?」


 『ミッチーのぐるぐるクッキング』とは、美知が5年前から企画している


ユーチューブのタイトルである。美知の頭の中では、ユーチューブでファ


ンができ、有名になり、料理本の出版、テレビ出演とサクセスストーリー


が出来上がっているが、未だに何も実現していない。


「それがね、料理の動画がうまく撮れないの、案外難しいのね。カメラの


前で緊張してうまくしゃべれないし、パスタは伸びたきし麺みたいに見え


るし、シチューはどかっと固まってるみたいで…」


 まろみがぷっと吹き出した。料理の写真を撮るのは難しい、動画になる


と絵になるだけでなく過程の見せ方がポイントになる。そのあたりをわか


っていないところが美知らしい。


「そうそう、介護食の料理教室はどうなりました」


「くら子は、余計なことまで覚えているのね。教室のチラシを作って募集


したんだけど、介護をしている人は忙しくて料理教室に来れないみたいな


の」


 なるほどとくら子はうなずいた。


「だから、主婦向けのお菓子の教室にしようかと…くら子はどう思う?」


 ううむ、難しいですねとくら子は答えた。


内心、今の時代は有名パティシエでもない限り人は集まらないだろうと思


ったからだ。 


 そうよねえ、わたしもそう思うと美知は珍しく弱気だった。


「だから、男やもめの料理教室で頑張ればいいじゃないですか」


まろみが美知を呼んだのはこういうことだったのかとくら子は納得した。


「わかったわ、くら子。わたしの料理教室がうまくいかないのは、このた


めだったのよ」


 美知は立ち上がって、両手を天へ突き出した。


はあ? また何を言い出すやら、なんでも自分の都合の良いように考える


性格は変わらないものだとくら子は呆れ、美知を見上げた。


「神様が、わたしに使命を与えられたのよ。男やもめを救いなさいって。


だから、ガンバル」


まろみはにやにやと高みの見物だ。


「はいそうですか。使命ですか、それはそれは。本決まりになったらお知


らせしますので、それまでお待ちください」


「なに言ってるの。そうと決まったらレシピの準備をしなくちゃ、忙しく


なるわねぇ。それで、さっきのスフレは残ってないの?」


もう、ありませんときっぱり答えたくら子に、それじゃあ帰るわと、美知


は大きなバッグを肩にかけて上機嫌で帰って行った。


美知さんって、ほんと乗りやすいんだからとまろみはけらけら笑ってい


る。


「責任とってもらうからね」


くら子の言葉にまろみは震えあがった。


「いや、その、なんとかなるんじゃあないですか。ははは」


 こうして、男やもめ料理教室の話は進んでいった。




「インターネット茶屋」の4人は精力的に活動を始めた。


翔子は商店街の八百屋、魚屋、乾物屋などを廻り、食材の仕入れなどを通


しての協賛を依頼した。


 豆腐屋の店主が商店街の会長で、それならいっそ、町内のコミュニケーシ


ョンの場にしてはどうかということになった。


 男やもめだけでなく、高齢者や子どもの料理教室など、皆で作って、皆


で食べようとか、地域の食材にも目を向けたらよいのでないか。一人で留


守番している子どもを呼んだらどうか。おばんざいや漬物をおばあちゃん


に習いたい、年末には餅つきはどうかなどと、アイデアはどんどん広がっ


た。


 翔子たちはこんなにトントン拍子に進んで大丈夫かと不安になった。


しかし商店街の店主たちも、大型スーパーに客を奪われ、何とかしなけれ


ばと思いつつも手をこまねいている状態だったから渡りに船だったよう


だ。


 くら子やまろみも企画に参加し「男やもめプロジェクト」は「青空商店


街プロジェクト」に変貌していった。


 3ヶ月後、翔子がK社を訪れた。


「くら子さん、この度はいろいろとお世話になりまして」


「いえいえ、これからどうなるか楽しみにしています」


 まろみがお茶の用意をしてくら子の隣に腰をおろした。


「これ、翔子さんのお持たせで〜す。商店街で企画した青空饅頭だそうで


す」


 白い牛皮の饅頭に「青空」という焼き印が押されていた。


つまりふつうの饅頭である。翔子がいろいろがんばってるんですけどねえ


と苦笑した。


「料理教室はどうなりましたか」


「男やもめという名前は人聞きが悪いということで、『男の料理研究会』


になりました」


「なるほど、それで人は集まりそうですか」


くら子の問いに翔子は力強く答えた。


「それが、奥さんを介護しておられる男性とか、一人暮らしの大学生の応


募がありまして、満席になりました」


「それは良かった。ところでミッチー先輩は好き勝手なことを言ってませ


んか?」


くら子は一番気になっていたことを聞いた。とんでもないと翔子は手を振


って、とても熱心で皆喜んでいますと応えた。まろみもほっとしたよう


だ。


「料理教室のオープンには見に来てくださいね」


 2人はもちろんと声を揃えた。





 朝10時から「男の料理研究会」が始まった。


 4つの調理台に各4人ずつ計16人が緊張した面持ちで座っている。年齢は


18歳から72歳まで。エプロンも借りものらしい花柄から、黒い腰に巻くタ


イプの物までさまざまで、頭も白い三角巾から赤いバンダナ、風呂敷では


ないかと思われる鳳凰柄のものまであり、カラフルだった。


 講師の美知はピンクの割烹着で、頭に同じピンクの三角巾。


部屋の隅で翔子たちと折りたたみの椅子に座っているくら子とまろみは同


じことを考えていた。給食のおばさんみたい! 割烹着と三角巾のピンク


はカラーコーディネートなのか?


 美知が笑顔で献立の説明を始めた。


「今日は、塩サバで焼き魚、ごぼうと人参のピリ辛きんぴらと、ほうれん


そうの胡麻よごしに豆腐とわかめの味噌汁を作ります」


 美知は商店街の役員の店の品物で献立を考えたようだ。なかなかやるじ


ゃん。


「鴨田さんはどちらですか?」


 くら子はこの教室を開くきっかけになった、男やもめのことを聞いた。


 翔子は下を向いて、クククと笑いながら頭に紫の風呂敷とささやいた。


 鴨田は一番前に座り、熱心にメモを取っていた。


 手順の説明のあと、グループで簡単な自己紹介をし、分担を決めた。魚


係、きんぴら係、ごまよごし係、味噌汁係である。


 魚係はサバの切り身を焼く、きんぴら係はピーラーでササガキを作る。


包丁を使うと時間がかかるので、便利な調理器具はどんどん使うことにな


っている。


 手が空いたら、互いに手伝いながら調理は進んでいく。ほうれんそうを


ゆですぎたとか、サバが真黒になったとか、塩辛いかなあと味噌汁の味見


をしたり、わいわいと楽しそうだ。


 美知は各グループを廻り、丁寧にアドバイスをして、赤い頬が輝いて見


える。


 調理が終わり、別室の食堂へ料理を運んだ。


 4人が6人分の料理を作るので、2人分ずつ計8人分の料理が余分に作られ


た。この8人分は予約制で、毎回希望者が試食に参加できるようになってい


る。今回は商店街の役員が顔をそろえた。


 食堂でがやがやと食事会が始まり、ご飯のお代りをする者、これならう


ちでも作れると胸を張る者、次は刺身に挑戦したいと言い出す者まで現れ


た。


 まろみは、わたしも試食したかったと恨めしそうだ。


そこへ、翔子がお2人の分はこちらにお弁当が用意してありますからと声を


かけた。


 隣の「インターネット茶屋」喫茶コーナーでくら子とまろみは弁当を広


げた。


「これ、料理教室と同じじゃないですか」


まろみの嬉しそうな声に、お茶を持ってきた翔子がうなずいた。


「美知さんが、くら子さんや私たちにも同じメニューをごちそうしたい


と、作って来てくださったんですよ」


美知さんやさしい! とまろみは箸を持った。くら子も、美知の気使いが


うれしかった。





 食事を終えた3人のところへ、翔子の夫の博之がコーヒーを運んできた。


「くら子さん、これ次回の料理教室のチラシです」


 献立は、むかご飯(めし)に豆腐のハンバーグ、鶏とかぼちゃの煮物に


茶碗蒸しだった。


まろみが、えーっとのけぞって翔子と博之を見た。


 2人のけげんそうな顔に、まろみはだってーとむかご飯を指差した。


「むかご飯がどうかしたの?」くら子の問いに、まろみはもう一度チラシ


を見た。


「ひゃー、ムカデではないのですか」


 まろみの勘違いに3人はソファーが揺れるほど笑った。腹をおさえながら


翔子が説明した。


「むかご」はヤマイモのつるの実のようなもので、大きさはパチンコ玉く


らい。茶色い実でイモのほくっとした旨みがある。これは商店街の八百屋


のお勧めの食材らしい。


「わたしは、ムカデが白いごはんの中に足を伸ばしてウヨウヨいるのを想


像してぞっとしました」


 3人はまろみの描写に、うわあ、気持ちが悪いと身震いした。


「ところで、今日始まったばかりですが、料理教室の評判はいかがです


か」


くら子の問いに、博之がうれしそうに答えた。


「問い合わせが多くて、うれしい悲鳴です」


それがね、くら子さんと翔子は続けた。


「肉屋の奥さんのお陰で、次回の試食の申し込みが満席になりました」


 商店街で「うまい」と評判のコロッケを揚げている房子が、毎回コロッケ


を2つ買う女性に声をかけたのだそうだ。まろみの頭の上に、大きな? が


浮かんでいた。


「つまり、ひとり暮らしの熟年女性に声をかけたのよ」


 翔子の説明では不十分なようだ。


「どうしてひとり暮らしってわかるのですか」




 肉屋はコロッケを買いに来る人の家族構成まですべて知っているのか、そ


れとも超能力か、まろみには納得がいかなかった。


「コロッケ2つでわかるのよ」


「なぜコロッケ2つなんですか、1つならひとり暮らしだってわかります


けど…」


「家族がいれば、晩のおかずに2つではとても足りないでしょう」


 若いまろみちゃんにはわからないだろうけど、と翔子は続けた。


「わたしたちの世代はね、肉屋のコロッケを1つでは買えないの。最低でも


2つ買わないとお店にわるいというか、みっともないというか…そんな風に


育てられたのよ」 


まろみは腕を組んで、考え込んだ。


「そういえば、うちの母は手紙を書くとき、1枚しか書いてないのに、白い


紙をもう1枚つけてくるんですよね」


「わたしも母から、1枚ものの紙は縁起が悪いとか、先方に失礼だとか言わ


れて育ったから、手紙は2枚以上にしているわ。それも関係あるのかしらね


え」


 まろみと翔子の会話をよそに、くら子はひとり暮らしの女性を試食会に


参加してもらうアイデアは表彰状ものだと思った。


 男性もそうだが、ひとり暮らしをしていると人とたわいのない会話をし


ながら楽しく食事をする機会が少ない。また女性の場合はひとりで店に入


って食事をすることも気後れして難しい。(最近の女性は変わってきたよ


うだが)


 女性の同席は男性たちにも良い影響を及ぼすだろう。男ばかりの食事よ


りにぎやかになるだろうし、料理を作る励みにもなるかもしれない。女性


たちにとっても良い機会である。


そのうえ、いろいろな「化学反応」が起きれば万々歳である。


「くら子さん、なにをひとりでニヤニヤしてるんですか」


 まろみの問いに、くら子は一石三鳥の話と答えた。




「男の料理研究会」は、5回、10回と回を重ね、地元の新聞社の取材を受


けたことが元で、全国から「商店街起こし」の視察団まで来るようになっ


た。


 くら子は事務所で白い紙に鉛筆で「男性の片付け講座」と書いて???


と付け加えた。


翔子たちに企画を考えると約束したものの、そのままになっていた。


 そこへ翔子の夫の御堂博之が荒い息をして飛び込んできた。


「くら子さん、鴨田がなんだかえらいことになったので、すぐ来て欲しい


と言ってます」


「なにがあったんですか」


「それが、よくわからなくてとにかく来てくれの一点張りです」


 背中で、あらら本当にやっちゃったんだという声がして、くら子は振り


向いた。


「それ、どういうこと?」


 目を吊り上げたくら子に、まろみは後ずさりをした。


「いや、その、美知さんと試食会に参加した女性たちが、なんとかの会を


作ったそうで、我々は男やもめにウジが湧くのを黙って見てはいられない


とか…言ってました」


「どうして、そのことを言ってくれなかったのよ〜」


「冗談だと思ったから、まさかほんとに突撃するとは…」


「突撃って、まさか」


 壁まで追い詰められたまろみの声は消え入りそうだ。


「はい、そのまさかだと思います」


博之の車でくら子が鴨田の家に駆けつけると、玄関の上がり框に鴨田が頭


を抱えて座っていた。


紺色のスエットの上下に、寝ぐせのついた髪をみると、寝ているところを


たたき起こされたのだろう。


2階のベランダからは布団を叩く音がする。履き物の数からみれば、女性は


4人のようだ。


健太郎がしゃがんで鴨田の肩をゆすった。


「おい鴨田、大丈夫か」


「揺するなよ。大丈夫も何も…俺は二日酔いなんだ」


2階から大音量の「巨人の星」のテーマが流れてくる。くら子は迷わず、廊


下の突き当たりの階段を上った。





 ベランダで美知が「巨人の星」を口ずさみながら金属バットで布団を叩


いていた。


「ミッチー先輩!」3度目にようやく美知は気付いた。


「あら、くら子、どうしたの怖い顔して」


「どうして勝手に人の家に上がり込んで、こんな騒ぎを起こしているので


すか」


「騒ぎって何のこと? カビが生えそうな万年床を干しているのよ。これ


では体に悪いでしょ」


「だからー、そういう問題ではなくてですね。ご本人の許可も無く、こん


なことしていいと思ってるんですか」


「許可? それなら、この前の飲み会の時にいいって言ってたわよ」


美知はどうだと言わんばかりにバットを片手で振り回した。


「鴨田さん、酔ってたんじゃないですか」


 多少はねと言いながら、また美知は布団叩きに戻った。


 他の部屋ではゴミ袋を持った女が、ビールの空き缶、弁当の空き箱、柿


の種やスルメの残骸などを拾って歩いている。もう1人は、洗面所のかご


に、汚れた洗濯物をほうりこんでいる。隣の洗濯機もぐぐぐと動いてい


る。


 博之とくら子は鴨田にコートを着せて、近くの喫茶店へ連れ出した。


 ブラックのコーヒーを飲んで、鴨田は少し落ち着いた。


「鴨田さんは美知さんになにか頼まれました?」


鴨田はとんでもないと首を振って、顔をゆがめた。二日酔いがまだ残って


いるらしい。


「でも、美知さんは鴨田さんが了解されたと言ってましたけど」


「そんなことは…そういえば、飲み会の時にあのでっかい料理の先生が隣


に来て、わたしでよければお手伝いさせていただきますわと言ったから、


ありがとうございますと答えたけど、あれか?」


それだなと博之は鴨田のモーニングセットのトーストを頬ばりながらにや


っとした。


「料理のことかと思ったんだよ」


「もう手遅れですね。でも帰ったら、おうちはかなりきれいになっている


と思いますよ」


「確かにそうだ。すっきりして、却って良かったんじゃないか。ほんと、


お前のところはウジが湧きそうな有様だったからな」


 鴨田は黙り込んで、残ったトーストに手を出した。


 いやがる鴨田を引っ張るようにして家に戻ると、ベランダいっぱいに洗


濯物がはためいていた。


 博之に押されて鴨田はムググとうめき、恐る恐る玄関を開けた。




 室内には「ひょっこりひょうたん島」のテーマが流れていた。


 トントンと包丁の音のする台所へ行ってみると、3人が食事の支度をして


いた。食器を並べていた美知が、あらおかえりなさいと微笑んだ。


 鴨田と博之は顔を見合わせている。


くら子は、先輩お話がありますと、美知をリビングへ連れ出した。


「鴨田さんは、こんなこと頼んでないそうですけど」


「口に出して言いにくかったんじゃあないの」


「そんな訳ないでしょ。もう、呆れてものも言えませんよ」


「それなら、黙っといたら」


しかしと言いかけたくら子を美知は遮った。


大丈夫よ、うまくやるからとウインクして美知はくら子に背を向けた。こ


んな時の美知には何を言っても無駄だ。


仕方なく、くら子が家の中を見て回ると、確かにすっきり片付いていた。



ゴミや洗濯物の山がなくなり、新聞や週刊誌はきちんと積み重ねて紐で縛


ってあった。掃除機もかけたようだ。


 台所では昼食の支度が整い、鴨田と女たちが食事をするところだった。


「悪いけど、お2人の分は用意してないからね」


 鴨田は一転、女性に囲まれうれしそうで、2人には目もくれない。


くら子と博之はすごすごと鴨田邸をあとにした。


「鴨田の奴、女性に囲まれてハーレム状態だなあ」


にやにやとうらやましそうだ。くら子はぷっと吹き出した。


「ほんと、喫茶店ではあんなに不機嫌だったのに」


「あの時は驚きの方が大きかったのかもしれないな」


「そりゃあそうですねえ、二日酔いで寝てるところをたたき起こされて


『巨人の星』で布団をバンバンですから」


「帰って見ると、ゴミも洗濯物もないし、流しの汚れた食器もきれいに片


付いている。怒るより、感激したんじゃないかな。ほんとはどうにかしな


いといけないと思っていたけど、自分ではどうにもならなかったんだか


ら」


「そのうえ、温かい食事にハーレム!」




 事務所に戻ったくら子をまろみは興味津々の目で迎えた。


「美知さんの突撃はどうなりました?」


「それが、もう大変よ。鴨田さんとミッチー先輩がもめてね。ミッチー先


輩がバットを振り回して場外乱闘になって、血がドバーッで、救急車を呼


ぶ騒ぎで大変だったのよ」


くら子は、額にしわを寄せてためいきをついた。


 まろみはうなだれて、わたしがもっと早く…と、机に突っ伏した。


くら子は知らん顔をしてバッグから豆大福の包みを取り出した。


 おたふく堂の包装紙を見た途端に、まろみはキッとしてくら子をにらん


だ。「うそでしょ」


「はい、そうで〜す。場外乱闘なんてありませんでした」


「もう、くら子さんたら人が悪い。今度はわたしがヘッドロックをかけま


すよ」


 くわばらくわばらと言いながら、くら子はお茶の用意を始めた。


 豆大福を頬張りながら、まろみに午前中の出来事を話した。


「男の料理研究会」でロマンティックな「化学反応」が起こるかもしれな


いと思っていたが、くら子が投じたのはビタミン剤でなく劇薬だったらし


い。劇薬は使い方を誤れば毒になる。今回は幸いうまくいったが、次はど


うなるかわからない。


「鴨田さんは結局喜んでたんですよね。さすが美知さんだ」


「なにがさすがよ。鴨田さんが二日酔いだったからね。そうでなければ、


ほんとに血の雨が降ってたかも。そう考えると冷や汗が出るわ」


 玄関から、こんちは〜という声がしたので、2人は飛び上がった。


 あの声は…と2人は顔を見合わせた。


「豆大福のにおいがする」と美知はくんくんと鼻を鳴らし、2人の横に立っ


ていた。


豆大福のにおいを感知できるのは美知だけだろうと、くら子もまろみも呆


れた。


「くら子、今日はごくろうさん。それで相談なのだけど。その前に、お茶


と豆大福をいただきましょう。ねっ、鴨田さん」


 えっ、と2人が首を傾けると、美知の大きな体の後ろから、頭をかきなが


ら、どうもと鴨田が姿を現した。


 




 応接コーナーに案内し、くら子は2人を見比べた。どうなってるの?


「ほら、鴨田さん豆大福も食べないと」


「いや、甘いものはダメなので、美知さんどうぞ」


 それじゃあ、遠慮なくと美知は鴨田の皿に手を伸ばした。


「それでは、お話を伺いましょうか」


口の周りに白い粉をつけた美知は、鴨田さんからどうぞとお茶を手にし


た。


「いや、あの、そのやっぱり美知さんからお願いします」


「いえ、こういうことは、やはり男性から…」


なんだなんだ、これは。まさか、まさか…いやな予感がする。


「譲りあってても埒があきませんよ」


 それでは、わたしからと美知が乗り出した。


「鴨田さんが、とっても喜んでくださってね。それで他の男やもめの人た


ちにわたしたちがお手伝いできたらと思って」


 鴨田は頷いている。本当なのだろうか。くら子には朝の頭を抱えた鴨田


の姿が蘇った。


 えへんと咳払いをして、鴨田は顎に手をやり話し始めた。


「くら子さん僕も始めは驚き、頭にきましたが、きれいになった部屋を見


回してようやくわかりました。できない事は人に助けを求めればいいって


ね。こんな簡単なことがなかなかできなくて、男の涸券に関わると思って


ました」


「それでね、くら子、わたしたち『リビング・エンジェル』になろうと思


って」


まろみが「エンジェル?」と、肩をすくめた。美知の話はどこへいくのか


わからない。


 鴨田の話によると、ニューヨークで始まった「ガーディアン・エンジェ


ルス」をもじったそうだ。ガーディアン・エンジェルスは犯罪防止や環境


美化などメンバーがパトロールして、見て見ぬふりをしないというのがモ


ットーらしい。鴨田と美知は、男やもめの部屋がゴミ屋敷になったり、荒


んでいくのをなんとかしたいのだそうだ。


「そこで、くら子に相談なのだけれど、K社に『リビング・エンジェル


部』を作って、鴨田さんを部長にしてもらえないかと…」


 くら子が口を開く前に、まろみが答えた。ダメです。


美知はなんでよと、まろみをにらみつけた。くら子も同感だったので付け


加えた。


「K社で『リビング・エンジェル部』を運営していく力がないからです」


「そんなことないでしょ。活動はわたしたちがするのだから」


「活動はされても、最終的な責任はK社が負うことになります」


そりゃあそうだけど、と美知は鴨田を見た。くら子は2人を見て尋ねた。


「これはボランティアですか、ビジネスですか」


「ボランティアだけど…軌道に乗ったら」


「ボランティアだって、活動資金も場所も必要でしょう」


「だから、この事務所を使わせてもらって『わくわく片付け講座』でもP


Rもしてもらって…」


 お話にならないと思い、一呼吸おいてくら子は鴨田を見た。


「鴨田さんはどうお考えなのですか」


「いや、その、そう言われればそうですね。なんだか舞い上がってしまっ


て」


 「部長」というのが、鴨田をその気にさせたキーワードだろうか。


「これって、人のふんどしで相撲を取ろうって話じゃないですか」


まろみのことばに、美知は反論した。


「あんたたち、ふんどしなんてしてないじゃないよ」


 美知の目がぎらぎらして、まろみに飛びかかりそうになってので、くら


子は落ち着いてくださいとなだめた。


「それはものの例えです。とにかく思い付きだけであれこれ言われても困


ります」


「そう、わかったわよ。くら子は協力してくれないってことね」


「それから、今回のように勝手に突撃しないでください。『男の料理研究


会』の方たちにも、勝手にPRしないでくださいね」


 美知火山が真っ赤になって噴火した。


「せっかく人のためになると思っているのに、どうして邪魔ばかりするの


よ」


「美知さん、くら子さんの言うとおり、我々は先を急ぎ過ぎたみたいで


す」


 鴨田も説得しようとしたが、美知は聞く耳を持たず飛び出して行った。


 まろみが追いかけようとしたのを、鴨田が制して出て行った。


 開け放されたドアを見つめてくら子がつぶやいた。


「あの2人はどうなってるの?」


「わかりませ〜ん」




 1週間後、鴨田が御堂夫妻と共に事務所を訪れ、頭を下げた。


御堂博之も、ほんとに人騒がせな奴でと詫び、妻の翔子は二人の保護者の


ようだ。


「それで『リビング・エンジェル』はどうなりました」


くら子の問いに、鴨田は博之に肘でつつかれて渋々答えた。


「まず、僕がカウンセリングの勉強をすることになりました」


「それは良いかもしれませんね」


くら子の言葉に、まろみの頭の上にいつもの? マークが浮かんだ。


 翔子は笑いながら付け加えた。


 男やもめの片付けを手伝うためには、美知のように突然押し掛けて片付


けるのではうまくいくはずがない。そうなったのにはそれなりの理由があ


るし、他人に干渉されるのは真っ平ごめんだと思っている。鴨田がそうだ


ったからだ。つまりカチカチに凍っている。この状態を解凍するには時間


をかけてゆっくりほぐしていく必要がある。この解凍の技術を学ぶために


カウンセリングの勉強をするのである。


この役は女性よりも、同じ男やもめの鴨田が適任だろうということになっ


た。


「なるほど、鴨田さんが解凍係で、その後がエンジェルの出番なのです


ね」


「あの、僕にそんなことできるのでしょうか」鴨田は自信がなさそうだ。


「それは鴨田さん自身の取り組み方の問題ですけれど『ピア・カウンセリ


ング』というのもあるんですよ」


 「ピア・カウンセリング」とは、同じ境遇にある仲間同士でしか理解し


えないことを語り、互いに支持し合うカウンセリングのことである。


なるほどね、それならいけるんじゃないかと博之が鴨田の肩を叩いた。



「お話に夢中になってお茶が冷めましたね。入れ替えましょう」


 くら子の言葉に、まろみがソファーから腰を上げると、鴨田が遮った。


「いえ、僕は猫舌ですから、このほうが」ごくりと茶を飲んで、ふーっと


息をついた。


「あら、わたしもすっかり忘れてました」と翔子が紙袋を差し出した。


「キャー、花咲堂のラスク! 紅茶を入れてきます」と、まろみはとあた


ふたとキッチンへ向かった。


「それで、ミッチー先輩はどうなりました」


くら子は一番気になっていたことを訊いた。博之と翔子の目も鴨田に注が


れた。鴨田はもじもじと居心地が悪そうだ。


「いや、あの、その、いろいろと話し合いまして。彼女は素直でやさしい


人ですから…」


カノジョ? 素直でやさしい? 人違いじゃないのと思いつつ、くら子は


鴨田の次の言葉を待った。博之がお似合いのカップルかもと冷やかすと、


鴨田は真っ赤になった。


冗談のつもりだったが、もしかしてと3人はぎょっとして顔を見合わせた。



「僕たち、共通点がありまして…『ひょっこりひょうたん島』が…」


「さっぱりわからんけど、ちゃんと話せよ」と博之がじれた。


「美知さんが片付けに来てくれた時に『ひょっこりひょうたん島』の曲を


かけてくれて。僕はプリンちゃんが大好きだったのですが、彼女は博士の


ファンだったそうで…」


なぜか「ひょっこりひょうたん島」の話になると、鴨田は饒舌だった。


 翔子は呆れて、口をはさんだ。


「リビング・エンジェルの具体的な話をしないと、くら子さんたちもお忙


しいのですから」


 そうですねと、鴨田は計画を話した。


 鴨田がゴミ屋敷寸前の男やもめたちに接触し、カウンセリングをして、


その後、美知たちが片付けをするという段取りのようだ。一応、鴨田が代


表者ということになっているが、鴨田をおだてて動かしているのは美知の


ようだ。


「でも、どこの誰がゴミ屋敷寸前なのか、どうしてわかるのですか」まろ


みが訊いた。


「チラシを配って、通報してもらうのです」


 通報? 使命手配でもあるまいし、個人情報が叫ばれる昨今、そんなこ


とが可能だろうかとくら子は考えた。博之も同じことを考えたようだ。


「それはダメだよ。近所の人に通報されたと知ったら、ますますへそを曲


げるぞ。うちの『インターネット茶屋』に来る人や、『男の料理研究会』


でチラシを配ればいいだろう」


翔子もそのほうがいいと頷いた。




 3人が帰った後、まろみがくら子に訊いた。


「ところで、あの、ひょっこりプリンってなんですか」


「えーっ、まろみちゃん知らなかったの」


まろみは、ぜーんぜんと首を振った。


「珍しいわね。いつもなら、ひょっこりプリンってなんですかってすぐ聞


くのに」


「わたしは、KYではありません」


おや、それは失礼しましたと笑いながら、くら子はNHKテレビで放映し


ていた人形劇の「ひょっこりひょうたん島」とプリンちゃんについて話し


た。


「鴨田さんと美知さんは、それでつながっているんですか」


「らしいわね、いつまで続くやら。それより、来週の『わくわく片付け講


座』のテキストの準備はどうなった?」


これからですと、まろみはパソコンに向かった。


 3ヶ月後。まろみが外出先から息を切らして帰ってきた。


「どうしたの、そんなにあわてて」


くら子は何かトラブルでもあったのかと思った。


 机に両手をついて、まろみはちょっと待ってくださいと息を整えた。


「美知さんが…」


「事故にでもあったの?」くら子の顔色が変わった。


「違うんです。鴨田さんと腕を組んで歩いていたんです」


 くら子はめまいがしそうだった。またトラブルになりそうな予感がす


る。


「それがね、鴨田さんが美知さんにがっちり捕まえられているという感じ


で、なかなか見ものでした」


「声をかけなかったの」


「そんな、恐ろしいことしませんよ」


くら子が首をかしげるとまろみは真顔で答えた。


「シマウマに飛びついて、押さえ込んでいるライオンに声をかけるような


ものです」


 その頃、鴨田と美知はファミリーレストランにいた。


鴨田がシートに座ると、美知は向かいに座らず、隣に腰をすべらした。思


わず鴨田は窓際に寄ったが、それ以上動けなかった。美知は上機嫌で、レ


アチーズケーキセットを二つ注文した。


「鴨田さん、今後のことですが…」


「今後? 僕は上級コースに進もうと思っています」


 鴨田はカウンセリングの初級コースを終え、次のコースに進もうと考え


ていた。


まあ、いやだと美知は口を押さえ、横目で鴨田を恥ずかしそうに見た。


「わたしたちの今後のことですよ」


「わたしたち?」鴨田はぎょっとして美知をまじまじと見た。マスカラを


を塗ったまつ毛がバチバチと音を立てているようだ。


 鴨田にもようやく事態が呑み込めた。


「わたしたちはパートナーだって言ったでしょ」


鴨田は体を斜めにして美知から距離を置こうとした。


「それは、リビング・エンジェルの話で、ビジネスだから…」


ビジネス〜? と言った途端に、美知の顔が真っ赤になってふくらんだ。


鴨田が何も言えず、口をパクパクしていると、美知は急に猫なで声になっ


た。


「それで?」


 鴨田の話を聞き終わった後、美知は「消えて」と出口を指差した。




 スマホで緊急事態だとファミレスに呼び出されたくら子は、1人でマンゴ


ープリンパフェを食べている美知を見つけた。


「もう、緊急事態なのにのんびりパフェを食べているのですか、信じられ


ない」


 注文を取りに来たウエイトレスにコーヒーと答えて、くら子は腰を下ろ


した。


「緊急事態なのだから、しょうがないじゃない」むすっとして美知は答え


た。


「何が起こったのですか」


「わたしは『男の料理研究会』の講師を辞めます」


「なるほど、それをなぜわたしに言うのですか」


「他の人に言いたくないから」


子供のようにサクランボの軸を持って振りまわしながら、美知はつんと顎


を上げた。


「辞めるのは勝手ですけど、断るのならきちんと自分で翔子さんたちに話


さないと」


「だって、あの3人は鴨田の仲間だから」


「はは〜ん、先輩はふられたんだ」


「わたしが二股男に引導を渡したのよ。あいつはわたしにはパートナーだ


とか何だとか言いながら、カウンセリングの教室で知り合った女に熱をあ


げているのよ」


そういえば、最近の鴨田は着るものもこぎれいになりコロンの香りが漂っ


ていた。美知の影響かと思っていたが、相手が違ったようだ。


 スプーンで生クリームをすくいながら、美知は悔しそうにわたしはトレ


ンディな女なのにとつぶやいた。トレンディ? どこが? と思いつつく


ら子はハッとした。


最近、新聞をにぎわしている結婚詐欺の女は、料理がうまくてぽっちゃり


型で、一見普通の…。それで、美知も勘違いをして鴨田に突撃したのだ。


逆立ちしても美知に結婚詐欺は無理だ。詐欺に引っかかるカモの可能性は


ないとはいえないが。鴨田にカモにされなくて良かったとか、まろみなら


云いそうだが。


「ミッチー先輩、鴨田さんだけが男じゃないですよ」


美知は、スプーンを持つ手を止めて、ぎっとくら子をにらんだ。


「わたしは男やもめの救世主だから、1人の男だけにかまってられないわ」


「そうですよ。先輩を待っている人が世の中にいっぱいいますから」


そうだ、そうなのよと美知はドンとこぶしでテーブルを叩いた。


「鴨田なんかあてにせずに、くら子のところで働くわ」


おっと、そうきたか、ここで計略に乗ってはいけないとくら子は力説し


た。


「いえいえ、先輩は料理教室にエネルギーを注ぐべきです。才能を無駄に


してはいけません。『ミッチーの男やもめレシピ』をユーチューブで発表


してはいかがですか」


「そうね、ユーチューブのことを忘れていたわ。そうと決まったら、『イ


ンターネット茶屋』のパソコンおじさんに相談しなくちゃ。くら子、お勘


定よろしく」


 美知はそそくさと出て行った。 




 あの人たちには話したくないと言ったくせに、この変わりようはどう


だ。


これなら「失恋の痛手」というのも吹き飛んでしまったのだろう。


ケーキセット2つに、ぜんざいセット、焼き芋ワッフル、ブルーベリーのク


レープ、マンゴープリンパフェ、コーヒー、ほんとにこれだけ食べたの?


 わたしのお財布を救済して欲しいと思いながら、くら子は店を出た。


 事務所に戻ると、まろみが心配していた。


くら子が、美知の緊急事態は山ほどのデザートを平らげて解消したみたい


と話すと、まろみは相変わらずですねえと面白がった。


「冗談じゃないわよ。お陰でわたしのお財布は空っぽ」


「情けは人のためならず、でしたね」


あらら、まろみちゃんに一本取られたとくら子は額を叩いた。


「もうあの人たちのことは勝手にしてもらいましょう。鴨田さんもカウン


セリングに行って元気になったみたいだし『男の料理研究会』にはおひと


りさまの男たちが集まっているもの」


「鴨田さんも美知さん以外のリビングエンジェルとはうまくいってるみた


いですから」


ほんとに? くら子は初耳だった。


「鴨田さんがカウンセリングの実験台に選んだ男子大学生の処へ、リビン


グエンジェルが片付けに行ったそうです」


「そこにミッチー先輩は入ってなかったの?」


くふふとまろみは笑った。


「美知さんの仕事場を片付けたのは、くら子さんではないですか」


確かに、美知の部屋はすさまじかった。


「美知さんは、大音量で音楽を流してハッパをかけるだけでなにもしない


そうです」


そういえば、鴨田のところでも、ずっと布団を叩いていた。それだけだっ


たのか。


「要するに、美知さんは『男の料理研究会』に専念してもらうのが、皆の


幸福みたいです」


「それじゃあ、今日の出来事で納まるとこに納まったわけだ。今夜は厄落


としにぱーっといきましょうか」


「鴨鍋なんてどうです」まろみはにやっとした。鴨はもうごめんよとくら


子は身震いした。


「それでは、ちゃんこ鍋にして元気を出しましょう」


 くら子のいいわねえという声に重なって、後ろで甲高い声がした。


「ありがとう。まろみちゃんがごちそうしてくれるなんてうれしいわ」


キャー、美知さんだ!!

 





この話の元のタイトルは「男やもめに花を咲かそう!」でしたが、タイトルを変え


した。


男性向けに『定年男のための老前整理』と、親の家や相続、空き家問題も


含めて考える『老前整理のセオリー』もまじめに書いています。





 







「くらしかる」(HP2) ご案内 


 


 























「くらしかる」(HP1) ご案内 


   HP1ヘ      




















   
 ◆「老前整理」は(株)くらしかるの登録商標です。無断での商用利用はお断りします。