老前整理のナッジ3





 【書類の整理】




毎日増える書類を整理する

ひと目でわかる分類法で、不要な書類を減らしていく。

 ものの整理が苦手で、特に紙類がたまってしまうというご相談がありま

した。
 (c)くらしかる

 写真のようのに、請求書、領収書、お知らせ、DMなどなど、書類が積

みになっていました。

 そこで、溜めずに、書類をその場で分類していく方法を提案しました。



 ものの整理は、片付ける手数をいかに減らすかがポイントです。

 そのためにはまず、分類すること。

洋服や日用品なら「いる(使う)」「いらない(捨てる)」「保留にする」

に分類し、いらないものを処分するだけでかなり整理できます。

 毎日のように届くDMや書類ならばなおさら、放っておくとたちまち写

真のような紙の山になってしまい、必要な書類を探し出すのに無駄な時間

を費やすことになります。

 そこで、カラーボックス(書類入れ)を使った、一目でわかる分類法。

色別にボックスごと「確認」「保留(未処理)」「保管」のラベルを貼って

分類します。

 不要な書類はその都度捨てていけば、いつでも片付いた状態がキープで

きます。

 『日本一親切な老前整理』より




書類をボックスで整理

確認―赤ー行動をうながす。支払いや同窓会の出欠など、返信の必要なも

のや、確認するもの
(c)くらしかる

保留(未処理)―黄色ー注意  処理が決まらない書類を入れておき、あと

で決める。
(c)くらしかる

保管―緑ー保管するのみ  とっておく書類や領収書を入れておき、1か

月に1回程度、整理してファイリングをする。
(c)くらしかる

このように箱型だから取り出しやすく、棚にもおさまるので、見た目もス

ッキリした印象です。

(c)くらしかる

 また家族で情報などを共有しておくことにより、連絡忘れを防げたり、

あれはどこへいったと探し回ることもなくなります。

『日本一親切な老前整理』より




「くらしかる」(HP2) ご案内 

 

 







 

「くらしかる」(HP1) ご案内 

  

 
HP1ヘ      

  




 
 ◆「老前整理」は(株)くらしかるの登録商標です。無断での商用利用はお断りします。